12

庭園のバラも見ごろ!
「星の王子さまミュージアム 箱根」で名作の世界を堪能

「星の王子さまミュージアム 箱根サン=テグジュペリ」は、名作『星の王子さま』と作者サン=テグジュペリの生涯をテーマにした、世界でただ一つのミュージアム。作家ゆかりの地であるフランス・リヨンの城や街並みを再現した園内には、四季の花に彩られたヨーロピアン・ガーデンも。時代や国を超えて読み継がれる『星の王子さま』の魅力と、ミュージアムの見どころについてご紹介します。

世界的ロングセラー『星の王子さま』とは?

作家であり飛行士でもあったサン=テグジュペリは、『夜間飛行』や『人間の土地』など、飛行士としての経験を生かした作品で一躍ベストセラー作家になりました。『星の王子さま』は、そんなサン=テグジュペリの代表作として知られる童話です。
お話だけでなく、挿絵も作者自身が描いています。読んだことがなくても、やさしく素朴な味わいの挿絵や、「大切なものは、目に見えない」という作中の言葉は知っている方も多いのではないでしょうか?

あらすじ

サハラ砂漠に不時着したパイロットの「ぼく」は、小惑星からやってきた「星の王子さま」に出会います。仲良しのバラとケンカをしたのをきっかけに旅に出て、ほかの星を巡って地球へやってきたという王子。王子はヘビやキツネとの交流を通して元いた星やバラへの愛に気づき、ふたたび小惑星へと帰る決意をします。別れを惜しむ「ぼく」に、大切なメッセージを残し、姿を消してしまいました。

世界中の国や地域で読まれる人気に!

1943年にアメリカで初版が出版されて以来、300を超える国や地域の言語に翻訳され、2億冊以上の発行部数を誇るロングセラーに。映画や舞台化されテレビアニメにもなり、世界中で広く知られる作品となりました。

6月29日は星の王子さまの日

星の王子さまの作者、サン=テグジュペリは、1900年6月29日にフランスのリヨンで生まれました。サン=テグジュペリの誕生日、6月29日は「星の王子さまミュージアム」の開館記念日でもあります。

箱根にある「星の王子さまミュージアム」

サン=テグジュペリ生誕100年を祝した世界的な記念事業として、1999年に箱根・仙石原に「星の王子さまミュージアム」が開館しました。『星の王子さま』をテーマとしたミュージアムは、世界でもここだけです。

どんなところ?

サン=テグジュペリの生まれ育ったフランス風の建物が建ち並ぶ園内や、フランス式庭園を散策しながら、『星の王子さま』の世界や作者の生涯に触れられるスポットです。作者の書斎が再現されたコーナーや映像ホールもあり、世界各国で翻訳出版された本や愛用品なども展示されています。

アクセス

東京方面からバスで行く場合は、「新宿高速バスターミナル(バスタ新宿)」より小田急ハイウェイバス「箱根線」で約120分、「川向」バス停下車すぐ。小田原駅からは、箱根登山バス「桃源台行き」で約50分、箱根湯本駅からは約30分、いずれも「川向・星の王子さまミュージアム」バス停下車すぐです。車で行く場合は、東名高速御殿場ICより20分ほどで到着します。

イベント:ローズフェア

ローズガーデンの真っ赤なバラの花は、6月に満開となり見ごろを迎えます。ミュージアムショップでは、バラをテーマにしたグッズを販売。レストランではローズを使ったスイーツやドリンクが、期間限定で提供されます。
※2022年のローズフェアは、5月28日(土)~7月3日(日)。

園内の見どころを紹介

ヨーロッパの街角にいるような小径や美しい花に彩られたガーデンは、散策や写真撮影にも最適。サン=テクジュペリゆかりの城を模した展示ホールでは、『星の王子さま』の背景を詳しく知ることができます。

ヨーロピアンガーデン

サクラ、バラやアジサイ、クリスマスローズを中心とした、四季の花で構成されたヨーロピアンガーデン。日時によっては、ミュージアムのガーデンデザインを手がけている吉谷桂子さんのガーデニング作業が見学できます。子供時代、庭師に憧れていたというサン=テグジュペリに想いを馳せながら散策してみてはいかがでしょうか。

ローズガーデン

星の王子さまが美しいと感じ、大切に世話をしたバラの花。作中の重要なモチーフでもある花をイメージし、赤系のバラに彩られたガーデンです。

王さま通り

1900年代のリヨンの街並みが再現された通りは、まるでフランスの街角に迷い込んだかのよう。建物やマンホールの蓋に至るまで、星の王子さまやサン=テグジュペリにまつわるモチーフが取り入れられていて、フォトスポットにもおすすめです。

サン=モーリス・ド・レマンス城

サン=テグジュペリが多感な子供時代を過ごした城とフランス式庭園が再現された、ミュージアムのシンボル的なスポットです。庭園には、冬になると約7mの大きなクリスマスツリーが飾られ、綺麗なイルミネーションを楽しむことができます。

サン=テクジュペリ教会

小径の奥に佇む趣あるチャペルは、サン=モーリス・ド・レマンス城に隣接する教会を再現したもの。物語のキャラクターをモチーフにしたステンドグラスも必見です。

レストラン:ル・プチ・プランス

「ウワバミのオムライス」や「小惑星(ほし)の火山のデミグラスハンバーグ」など、星の王子さまの世界をイメージしたフードやスイーツを楽しめるレストラン。お天気のいい日は、フランス式庭園に面したテラス席もおすすめ。数量限定メニューや期間限定メニューも要チェックです。

ミュージアムショップ:五億の鈴

店内には、『星の王子さま』に登場するキャラクターをあしらった文具や生活雑貨、お菓子などグッズがずらり。デザインも素敵で眺めているだけで心なごむグッズをお土産にしてみてはいかがでしょうか。

花と自然に包まれながら童話の世界に浸れるミュージアム

屋内の展示はもちろん、フランス風の建物や訪れる時期によりさまざまな花の咲く庭園にも癒される「星の王子さまミュージアム」。首都圏からもアクセスしやすく自然豊かな箱根へ、星の王子さまに会いに行きませんか?

星の王子さまミュージアム 箱根サン=テグジュペリ
0460-86-3700
10:00〜18:00(最終入園17:00)
第2水曜日(3月と8月は無休)
※お買い求め・お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。
12