1

淡路島の観光なら「南あわじ温泉郷」へ!
大自然と6つの泉源を満喫する旅

淡路島は兵庫県と徳島県の間、瀬戸内海に浮かぶ島です。中でも南あわじ市は大自然に恵まれた魅力的な街。そんな南あわじ市の魅力と、6つの特色ある泉源を有する南あわじ温泉郷をご紹介します。ここにしかない魅力を味わいながら、ゆったりと湯めぐりを楽しんでみませんか。

南あわじ市は大自然に恵まれた地域

南あわじ温泉郷

淡路島南部に位置する南あわじ市は、世界でも珍しい「鳴門海峡のうず潮」が見られる場所。豪快な自然の力を目の当たりにすることができます。そんな潮の流れの速い場所で養殖されている「淡路島3年とらふぐ」は、引き締まった身や大きな白子が特徴で全国でも評判です。また、温暖な気候とミネラル豊富な土壌に恵まれた南あわじ市では、甘くて柔らかい「淡路島たまねぎ」も人気の高い名産物です。一方、500年以上も続く伝統「淡路人形浄瑠璃」は、南あわじ市の誇る文化の一つです。浄瑠璃の語りと三味線の伴奏によって生き生きと動く人形は、一見の価値があるでしょう。そんな大自然の豊さと、伝統文化が南あわじ市の魅力なのです。

南あわじ温泉郷の魅力

南あわじ温泉郷

南あわじ市の魅力はそれだけではありません。6つの泉源を持つ南あわじ温泉郷では、自然を満喫しながらそれぞれ特色ある温泉が楽しめます。効能も異なるので、ぜひお好みの泉質を探してみてはいかがでしょうか。また、南あわじ温泉郷では、気軽に入れる立ち寄り温泉も豊富です。趣向を凝らした施設で外湯めぐりを楽しみましょう。さらに、無料の足湯スポットではうず潮足浴やたこ壷足浴など、ユニークな浴槽がいくつも体験できるので、大人も子どもも楽しめるでしょう。

6つの泉源とは?それぞれの特色

南あわじ温泉郷

6つの泉源の特徴をご紹介します。「うずしお温泉」は、滑らかな湯が肌を柔くしてくれて、アトピーにも効果的と評判の温泉です。「南淡温泉」は、塩分のあるお湯が汗の蒸発を防ぐので保温効果が抜群。「南あわじ温泉」は、ミネラルと硫黄分による保温や保湿効果が高く、美白効果も期待できます。「潮崎温泉」は、炭酸水素・イオンが含まれているのでお肌がツルツルになるでしょう。また、「三原温泉」は、無色透明の柔らかいお湯が特徴です。そして「サンライズ温泉」は体の芯まで温まる保温効果が人気でスポーツ後におすすめの温泉です。

南あわじ温泉郷

南あわじ温泉郷で大自然を満喫しながら心と体をリフレッシュ

うず潮の壮大な自然を満喫したら、6つの特色ある温泉に癒されてみてはいかがでしょうか。ここでしか見られない海と大地の恵みを味わいながら温泉や食事を楽しめば、日々の疲れもリフレッシュできるはず。癒され旅をするなら、ぜひ淡路島の南あわじ温泉郷を訪れてみましょう。

1