20

ハロウィンにかぼちゃを飾るのはなぜ?
由来やランタンの秘密を紹介

日本でも毎年賑わいを見せ、日本人にも浸透してきたハロウィンのイベント。ハロウィンといえば「かぼちゃ」をイメージする人が多いのではないでしょうか?
ハロウィンの装飾では、かぼちゃを使ったランタンをよく見かけますが、もともとは「かぶ」を使用していたそうです。この他にもハロウィンの知られざるストーリーを知ることでより一層イベントを楽しめるでしょう。
そこで今回はハロウィンの起源やかぼちゃを飾るようになった由来を詳しく紹介します。

ハロウィンの起源:ケルト人の収穫祭

イメージ

ハロウィンの起源は2000年以上前、古代アイルランドに住んでいたケルト人によって行われていた「サウィン」と呼ばれる祭礼が発祥だと言われています。

ケルト人の慣習では、11月1日が新しい年のはじまりとされており、前日から秋の収穫を祝うお祭りが開かれていました。1年の終わりにあたる10月31日の夜には、死後の世界との境目がなくなり、死者の霊(たましい)が現世の家族に会いに来ると信じられていました。またあの世とのつながりから悪霊や魔女もやってきて、作物を荒らしたり、子どもたちを連れ去ったりして悪さをされる物恐ろしい日でもありました。

イメージ

そこでケルトの人々は、祭礼の夜に仮面をかぶって仮装し、悪霊や魔女を追い払ったと言われており、これがハロウィンの原型になったと考えられます。

やがて歴史が流れるにつれて、ケルト人の文化はキリスト教化していきます。祭礼の習わしは残り、11月1日のキリスト教の祝日にあたる「万聖節」の前夜祭としてハロウィンが行われるようになります。万聖節は「諸聖人の日」を意味する「All Hallows Day」と表記され、その前夜を「All Hallows Eve」と呼んでいたのが転じて「ハロウィン」と言われるようになりました。

ハロウィンではなぜかぼちゃを飾る?

ハロウィンでかぼちゃを飾る理由は、魔除けとしてハロウィンの日にやってくる悪霊や魔女を追い払うためとされています。さらにランタンで灯をともすことで、あの世から戻ってくる家族や友人など大切な人の魂が迷わず、現世の人のもとにたどり着けるように道しるべの役割も持っています。

現在ではかぼちゃを使うことがほとんどですが、本来は「かぶ」を使用していたとも言われています。ハロウィンの起源になったケルト人たちの祭礼では、かぶをくり抜いて焚火を焚いたり、仮面を作ったりして悪霊から身を守っていたそうです。

やがてケルト人の移住によってハロウィンがアメリカに伝わります。このときアメリカでは、かぶになじみがなく、手に入れやすいかぼちゃが代用されるようになります。

これが普及し、今のかぼちゃを飾るかたちになりました。今でもヨーロッパの一部では、かぶを切り抜いたランタンを飾る地域もあるようです。

ジャックとランタンの言い伝え

ハロウィンの日に飾る「ジャック・オー・ランタン」。この名前の由来には、かつてアイルランドのとある村に住んでいたジャックという男と深い関係があります。

ジャックは乱暴で人をだますのが得意な人間でした。そんなジャックがハロウィンの夜に悪魔に遭遇し、魂を取られそうになります。しかし、ジャックは悪魔を上手くだまして、永遠に自分の魂は取らず地獄に落とさないように約束をさせて、追い払うことに成功します。

やがてジャックは年齢を重ねて亡くなりますが、生きていたときの悪行から天国には入れません。さらに悪魔との約束により地獄でも受け入れてもらえません。行き場所をなくして暗闇に佇んでいたジャックのことを見かねた悪魔が火を分け与えます。ジャックは足元を照らすためにかぶをくり抜いたランタンを作り、その火をともしたそうです。

これが「ジャック・オー・ランタン」のはじまりと言われています。この逸話から悪魔を追い払う象徴としてジャック・オー・ランタンが作られるようになりました。

ジャック・オー・ランタンの作り方

一見作るのが難しそうに感じるジャック・オー・ランタンですが、かぼちゃの材料さえあれば、手軽に作ることができます。ハロウィンの装飾用としては、ペポカボチャという品種のかぼちゃがよく使われています。

自宅でも簡単にできる作り方を紹介します

材料・道具

・かぼちゃ
・油性マジック
・ナイフや包丁
・スプーン
・キャンドル

作り方

  1. かぼちゃの表面に切り抜きたい顔を油性マジックで下書きします。直接書くことが難しい場合は、事前に型紙を準備して使うとよいでしょう。
  2. かぼちゃの下の部分を手が入るくらいの大きさに丸く切り抜きます。カットしたかぼちゃは最後に使うのでとっておきます。
  3. 中に入っているかぼちゃの種をスプーンで取り出します。このとき新聞紙や古紙などを下に敷くと汚れを気にせずに作業ができますよ。取り出しにくいところは手で種を除いていきます。
  4. 1で描いた下書きにそって、かぼちゃを切り抜きます。かぼちゃに対して垂直に刃を入れるとカットしやすく、描いた線の外側を切り抜くと跡が残りません。
  5. かぼちゃを風通しのよい日陰で1~2日ほど乾燥させます。水分が残っていると腐りやすいのでしっかりと乾かしましょう。
  6. 2で切り抜いたかぼちゃの上部にキャンドルを置いて火をつけ、上から顔を切り抜いたかぼちゃをそっとかぶせて完成です。

かぼちゃを切り抜く際にすべりやすいようであれば、軍手を使うと作業がしやすくなります。無理にカットしようとすると、ケガの原因にもなりますので注意してください。

完成したジャック・オー・ランタンの日持ちは2日~1週間程度です。そこまで長く日持ちはしないため、飾りつけしたい日を考慮して作るのがおすすめです。

ハロウィン用かぼちゃ【ミニ】 1玉◎アメリカ産ジャックオランタン

価格:1,980円
(2022/10/3 09:43時点)

自家製ランタンでハロウィンを楽しもう!

今回はハロウィンの起源やランタンの由来、ジャック・オー・ランタンの作り方について紹介しました。当たり前に行っていた習わしもその理由や意味を知ることで、よりハロウィンのイベントを楽しめるでしょう。今年はお手製のジャック・オー・ランタンを飾り、善霊を引き寄せ、悪霊たちを遠ざけながら、一味違うハロウィンを過ごしてはいかがでしょうか。

20