1

東南アジアに思いを馳せて!
インドネシアの調味料スマトラサンバルとは?

ピリッとした辛さと独特な香りが魅力的なエスニック料理に欠かせないのが、香辛料。今回は、インドネシア調味料の定番「サンバル」から「スマトラサンバル」をご紹介します。定番のサンバルとは一味違う爽やかで痺れる辛味は、一度食べると病みつきに。日本の食材にもマッチするので、ご自宅の料理に加えるだけで、エスニックな雰囲気を楽しむことができます。

インドネシアの定番調味料「サンバル」とは?

日本の食卓に醤油が置かれているようなイメージで、インドネシアのテーブルに常備されている「サンバル」。チリペーストの辛味調味料で、「サンバルソース」とも呼ばれています。唐辛子、赤玉ねぎ、ニンニク、トラシ(エビの発酵品)をペースト状にすり潰し、塩胡椒やトマトなどで味付けし、炒めたものです。甘めのものから激辛までいろいろな種類があるのも魅力。インドネシアではとても身近な調味料で、定番料理のナシゴレンやミーゴレンのほか、様々な料理に使われています。

爽やかな辛味が特徴!スマトラ島のサンバル

スマトラ島は、マラッカ海峡を挟んでマレーシアの隣に位置するインドネシア西端の島。大きな熱帯雨林があり、オランウータンやスマトラトラなど絶滅危惧の動植物が多種存在する、自然豊かな島です。

そんなスマトラ島にある、東南アジア最大の湖トバ湖のほとりに住むバタック族が使用しているサンバルは、インドネシア定番のサンバルとはまた一味違ったもの。現地では「サンバルアンダリマン」と呼ばれており、青唐辛子や山椒、レモングラスを使った爽やかな香りと、ピリッとした辛さが特徴です。

日本の食卓にもマッチするスマトラサンバル

スマトラサンバルは、現地では主にバビゴレン(豚肉の唐揚げ)につけて食べるのが一般的。ピリリと痺れる辛さと、爽やかな香りのチリペーストは、日本の食卓にも意外とマッチします。中でも、唐揚げや餃子、焼肉、焼き鳥などの肉料理全般に特におすすめです。また、インスタントラーメンや焼きそばにひと匙プラスするだけでも、簡単にエスニック風アレンジに。特別なエスニック料理を作らなくても、普段の食事にほんの少し追加するだけで、東南アジアの雰囲気を味わえます。

スマトラサンバルがあれば自宅でもエスニック料理が楽しめる!

できることなら本場の気候の中で、現地の人が作った料理を食べるのが一番美味しいエスニック料理。しかし、なかなか現地に行けなくても、スマトラサンバルがあれば気軽にエスニック料理が自宅で楽しめます。スマトラサンバルをお好みの料理にプラスして、東南アジアの風を感じてみませんか。いつもとは一味違った手料理で、おうち時間を楽しみましょう。

1