26

岡山の日生町、旬のご当地グルメ
「カキオコ」を食べ尽くす

写真提供:岡山県観光連盟

岡山県の日生町(ひなせちょう)の牡蠣は、11月~3月がもっとも美味しく食べられる季節です。生牡蠣や焼き牡蠣、カキフライにしても美味しいですね。しかし、日生町ではお好み焼きの中に牡蠣を入れて食べる「カキオコ」が人気です。

本記事では、カキオコの由来や日生カキオコまちづくりの会について、そしてカキオコが美味しく食べられる日生認定カキオコ店を14店舗ご紹介していきます。

カキオコの由来

日生の牡蠣の養殖

岡山県の南東にあり、兵庫県赤穗市と隣接している瀬戸内海の漁師町「備前市日生町」。昭和40年代から日生町では、牡蠣の養殖が始まりました。当時、売り物にならないような、傷が付いていたり小ぶりだったりした牡蠣を、牡蠣漁師たちが近所のお好み焼き屋に持ち込み、お好み焼きの中に入れて食べたことから「カキオコ」が始まったと言われています。

カキオコの特徴

カキオコは、山盛りの千切りキャベツと生地を混ぜたものを鉄板へ広げその上に、新鮮な牡蠣をたくさん並べてじっくりと焼き上げます。カキオコの外はサクサクで中はふんわりとしており、キャベツの甘みと濃厚な牡蠣の旨みが凝縮しています。また、カキオコの焼き方や作り方は各店舗によってさまざまなので、食べ歩きをして比べてみるのも良いですね。

日生カキオコまちづくりの会

写真提供:日生カキオコまちづくりの会

2002年1月26日に、日生カキオコまちづくりの会は設立されました。日生カキオコまちづくりの会は、カキオコを中心として、県外から来るお客様が安心して食べ歩きができるよう、そして日生町が漁師町らしく活気があふれるまちになることを目指し活動しています。

日生カキオコまちづくりの会の活動は、県の職員・会社員・地元商工会・観光協会の職員や、そしてカキオコの店主たち、さらに岡山県内の大学生や高校生の協力を得ながら取り組んでいます。

日生カキオコまちづくりの会の活動内容

・カキオコのPR活動
・牡蠣のオフシーズン話題づくり
・カキオコイベント出店
・備前焼まつり(10月)、おかやまマラソン(11月)など
・各種マスコミの対応

広島風や関西風でもない日生風カキオコを堪能する

余計な水分を含んだ牡蠣は焼くと縮むのですが、日生で水揚げされた新鮮な牡蠣は余計な水分を含まず、焼いても縮んだりしません。また、牡蠣とソースの組合せは抜群です。プリプリとした食感と牡蠣の旨みをいっぱい凝縮した日生の「カキオコ」を、岡山へ来た際にはぜひ、お楽しみください。

日生にあるカキオコ認定店14店舗

写真提供:岡山県観光連盟

カキオコの値段は店舗によって異なりますが、相場は900円~1100円となっています。また食材がなくなり次第、閉店する可能性もあるため、事前に確認をしたほうが良いでしょう。11月から3月は生牡蠣をカキオコに使用します。ただし、オフシーズンには冷凍の牡蠣を使いカキオコを作っています。

1|さんちゃん

店内は、カウンターとお座敷があり店内は全面禁煙。カキオコはもちろんですが焼き飯やオムライス、ハンバーグなど、牡蠣が苦手なお子さまも楽しめるメニューが豊富なお店です。

さんちゃん
0869-72-2157
10:00〜20:00
水・(第1・3)木
※お買い求め・お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。

2|きまぐれ

きまぐれではカキオコをはじめ、牡蠣ブタ焼き、海老・イカ・豚などさまざまな種類のお好み焼きがあります。また、牡蠣とネギを鉄板で炒めた「ちゃんちゃら焼き」もおすすめ。ビールのお供にピッタリのメニューです。

きまぐれ
0869-72-2523
10:00〜15:00
月(祝日は営業)
※お買い求め・お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。

3|泉富久(せんぷく)

ボリュームのあるカキオコが自慢の泉富久。他のカキオコ認定店との違いはカープソースと醤油ベースのソースであること。また、牡蠣串やカキフライなど、牡蠣好きにはたまらないメニューもそろっています。

泉富久(せんぷく)
0869-72-0736
10:30〜21:30(要確認)
不定休
※お買い求め・お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。

4|ほり(お好み焼き)

グリーンの外観が目を引く、お好み焼きのほり。牡蠣がたっぷり乗ったカキオコと一緒に、鉄板で牡蠣焼きも楽しめるお店です。

ほり(お好み焼き)
0869-72-0045
10:00~15:00
※お買い求め・お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。

5|まるみ(お好み焼き)

まるみでは日生では珍しい、広島焼きのカキオコです。肝っ玉母さん&お姉さんが焼くカキオコは絶品!また、牡蠣ネギ焼きも一緒に楽しめます。

まるみ
0869-72-3129
10:00〜19:00
不定休
※お買い求め・お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。

6|浜屋みっちゃん

夫婦二人で切り盛りしている、浜屋みっちゃん。創業三十数年、浜屋みっちゃんは日生の地元に愛されてきました。創業当時から使っている鉄板は、昔懐かしタイルの炉となっています。牡蠣がたっぷり入ったカキオコのソースには、甘辛くそして酸味とのバランスが絶妙な「タイメイソース」を使用しているお店です。

浜屋みっちゃん
0869-72-2580
10:00〜16:00
火(祝日は営業)
※お買い求め・お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。

7|お好み焼き もりした

お好み焼きもりしたのカキオコは、牡蠣だけでなく豚肉も入ります。食べ方も斬新で、オリジナルの出汁醤油から山椒、つぎにソースで食べて最後に一味を振って4種類の味を楽しめます。また、海老アボガドのお好み焼きも女性に人気です。

お好み焼き もりした
0869-72-1110
11:00〜17:00 | 木11:00〜15:00
なし
※お買い求め・お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。

8|安良田(あらた)お好み焼き

「カキオコに旅の楽しみとこしえに」をテーマに、50年以上の歴史がある老舗、安良田(あらた)お好み焼き。カキオコが焼きあがるまでに「おっぱい焼き」を注文し、ビールなどを飲みながら待つのが通なのだとか。ちなみにおっぱい焼きとは、牡蠣とネギを鉄板で焼いたもの。牡蠣は海のミルクなので、おっぱいと呼ばれているそう。

安良田(あらた)お好み焼き
0869-72-0851
10:00〜16:00
月(祝日は営業)
※お買い求め・お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。

9|福来(ふくろう)

福来(ふくろう)のカキオコは、オリバーソースベースのスッキリソース味です。カキオコ以外にも、牡蠣鉄板焼きや牡蠣焼きそば、牡蠣うどんなど種類も豊富です。

福来(ふくろう)
0869-72-1751
11:00〜17:00
火(祝日は営業)
※お買い求め・お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。

10|きたろう

きたろうのカキオコは関西風で作られており、キャベツのシャキシャキ感が残るよう工夫されています。また、きたろうオリジナルメニューの「牡蠣入りスープ焼きそば」も試してみたい逸品です。

きたろう
0869-72-3639
11:00〜20:00
※お買い求め・お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。

11|お好み焼き オレンジハウス

ログハウス風の外観がステキな、お好み焼きオレンジハウス。和風出汁を効かせた柔らかい生地が特徴のカキオコです。タイメイソースベースのオリジナルソースや、お好みでピリッと辛いドロソースでも召し上がれます。

お好み焼き オレンジハウス
0869-72-0914
11:00〜22:00
※お買い求め・お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。

12|暖里(ゆるり)

日生カキオコまちづくりの会の「てっぱん隊長」のお店、暖里(ゆるり)ではB-1グランプリの出場時に考案したカキオコのレシピを忠実に再現しています。ソースは鷹取醤油日生カキオコソースを使用しているお店です。

暖里(ゆるり)
0869-72-9115
平日10:00〜15:00 | 土日09:00〜15:00
なし
※お買い求め・お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。

13|うま×うま

うま×うまでは、朝一番に捌いた牡蠣を使用してカキオコを提供しています。うま×うまでは、タイメイソースをオリジナルブレンド。また、ネギと牡蠣を炒めた牡蠣の漁師焼きもおすすめです。

うまxうま
0869-72-4677
平日10:30〜15:00 | 土日祝10:30〜17:00
火(祝日は営業)
※お買い求め・お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。

14|お好み焼き ともひろ

昭和51年創業、日生で3番目に歴史があるお好み焼き店です。ともひろの関西風のカキオコは、ステーキ鉄板皿で出てくるため熱々で召し上がれます。また、チーズ入りカキオコや牡蠣炒めなどメニューも豊富です。

お好み焼き ともひろ
0869-72-2868
10:00〜15:00
月(祝日は営業)
※お買い求め・お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。

参考:日生カキオコまちづくりの会【公式ホームページ】|日生カキオコマップ2021-2022

26
どいまちこ
EXSENSES公式ライター

高知県の古民家で保護猫2匹と暮らしているフリーライター