1

【ホテル雅叙園東京】
日本美を感じる文化財「百段階段」

東京都目黒区にある日本美のミュージアムホテル「ホテル雅叙園東京」。1928(昭和3)年創業の歴史あるホテルで、館内には東京都の有形文化財に指定された通称「百段階段」という日本の伝統的な美を感じさせる階段があります。百段階段はホテル雅叙園東京に現存する唯一の木造建築で、かつては料亭として晴れやかな宴が行われた7つの部屋を繋ぐ階段廊下です。今回は百段階段とその7つの部屋の見どころを詳しくご紹介します。

東京都指定有形文化財「百段階段」

ホテル雅叙園の百段階段
写真提供:ホテル雅叙園東京

通称「百段階段」は、ホテル雅叙園東京の前身である旧目黒雅叙園3号館にあたります。1935(昭和10)年に建てられたホテル雅叙園東京に現存する唯一の木造建築で、当時は、日本料理と北京料理の料亭として営業しておりました。 晴れやかな宴会が行われたという7つの部屋を、99段の長い階段廊下が繋いでいて、現代ではなかなか見ることのできない光景が広がっています。現代の東京にいることを忘れさせる、まるでタイムスリップしたような異空間です。「百段階段」の装飾の美しさは伝統的な美意識の最高到達点を示すものとされており、 2009(平成21)年3月には、東京都の有形文化財に指定され、知名度を上げました。

百段階段で結ばれる7つの間

百段階段構想図
写真提供:ホテル雅叙園東京

百段階段で結ばれた7つの部屋はそれぞれ趣向が異なります。十畝の間から始まり、一番上まで登ると頂上の間があります。各部屋の天井や欄間には、当時屈指の著名な画家達が創り上げた美の世界が描かれていて、歴史的な芸術を間近で楽しむことができます。

十畝の間

ホテル雅叙園の十畝の間
写真提供:ホテル雅叙園東京

天井に合計23面の襖仕立ての鏡板に荒木十畝による四季の花鳥画が描かれている十畝の間。 黒漆の螺鈿細工が随所に見られる重厚な造りの部屋です。

漁樵の間

ホテル雅叙園の漁樵の間
写真提供:ホテル雅叙園東京

室内はすべて純金箔、純金泥、純金砂子で仕上げられているという豪華な漁樵の間は、美しい彩色木彫と日本画に囲まれていて訪れる人々の目を惹きつけます。

草丘の間

ホテル雅叙園の草丘の間
写真提供:ホテル雅叙園東京

格天井の秋田杉及び欄間には礒部草丘の四季草花絵、瑞雲に煙る松原の風景が描かれている草丘の間。障子建具が非常に手の込んだ面腰組子になっているのも見どころです。

静水の間

ホテル雅叙園の静水の間
写真提供:ホテル雅叙園東京

格天井の秋田杉には池上秀畝の鳳凰・舞鶴、欄間四方には小山大月の金箔押地秋草が描かれている静水の間。次の間の天井及び欄間は橋本静水等の画伯によるものです。

星光の間

ホテル雅叙園の星光の間
写真提供:ホテル雅叙園東京

星光の間は、奥の間、次の間の両室とも格天井及び欄間いっぱいに板倉星光の四季草花が描かれています。

清方の間

ホテル雅叙園の清方の間
写真提供:ホテル雅叙園東京

美人画の大家、鏑木清方が愛着をもって造ったという落ち着いた茶室風の清方の間。特に奥の間の床柱は径一尺五寸の北山杉の天然総絞丸太で市場でもなかなか見出せないものだそう。扇面形杉柾板に四季草花、欄間の四季風俗美人画ともに清方の筆です。

頂上の間

ホテル雅叙園の頂上の間
写真提供:ホテル雅叙園東京

前室、本間ともに格天井で、本間の床柱は黒柿の銘木を使用しているそうです。頂上の間の天井画は松岡映丘門下の作品です。

百段階段で行われる企画展

百段階段では、日本文化に触れることのできる多彩な企画展が毎年開催されています。過去には雛祭りや春の桜に関連した季節の企画展や、生け花や猫のアートの企画展など、毎年様々な企画展が開催され人気のイベントです。現在開催中の企画展も含め、2021年の企画展2つをご紹介します。

和のあかり×百段階段2021 ~ニッポンのあかり、未来のひかり~

ホテル雅叙園の企画展(和のあかり×百段階段2021)
写真提供:ホテル雅叙園東京

「ニッポンのあかり、未来のひかり」をテーマに、 日本ならではの感性と技術によって生み出される「和のあかり」が文化財を彩る企画展が現在開催中です。伝統美を誇る百段階段に和のあかりが灯され、幻想的な雰囲気を味わうことができます。ひと夏の非日常を感じに足を運んでみてはいかがでしょうか。

開催期間:2021年7月3日(土) – 9月26日(日)
開催時間:11:30 – 18:00(最終入館17:30)
※土曜日及び、7月22日・23日・8月8日~13日・9月19日は20:00迄(最終入館19:30)
※8月21日(土)は17:00迄(最終入館16:30)

秋の文化財公開 五感で体感する 文化財で四季のお花見

ホテル雅叙園の企画展(文化財で四季のお花見)
写真提供:ホテル雅叙園東京

秋の文化財公開では百段階段の「花」をテーマに、7つの部屋に描かれた四季の花々をご紹介。春の桜や秋の紅葉をはじめ、本来は異なる季節に咲く花々の日本画を一堂に見ることができます。合わせて「五感で体感」をコンセプトに、花をモチーフとした艶やかな着物や装身具、味覚や香りを通して五感で四季の花を感じていただける展示も行う企画展になっています。

開催期間:2021年10月2日(土) – 11月23日(火・祝)
開催時間:12:30 – 18:00(最終入館17:30)

ホテル雅叙園東京の「百段階段」で特別な時間を!

今回はホテル雅叙園東京が誇る歴史ある文化財「百段階段」について詳しくご紹介いたしました。
「百段階段」とその階段で繋がれた7つの間の光景は、他では味わえない日本の美を感じることができ、特別な時間を過ごすことができるでしょう。ぜひこの光景を見にホテル雅叙園東京へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

ホテル雅叙園東京
総合:03-3491-4111  イベント企画:03-5434-3140
※お買い求め・お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。
1