14

芸術花火で感動を
東北の花火大会9選を紹介!

夏は避暑地としても人気で、リフレッシュするために観光客が訪れる東北地方。自然が豊かで、癒されるスポットが多いのが魅力的。空気が澄んでいる東北の空に打ちあがる花火は、美しく観客に感動を与えます。今年は久しぶりに開催する花火大会が多く、いつも以上に熱気を感じられる花火大会になりそうです。忙しい日々から少し離れ、花火で癒されませんか?今回は特におすすめの東北の花火大会を9選紹介させて頂きます。

青森の花火大会

近くであがる迫力感のある花火「浅虫温泉花火大会」

写真提供:青森県観光協会

1200年以上の歴史のある「浅虫温泉」を舞台に、夜空に舞う花火の輝きは圧巻。浅虫温泉花火大会の最大の魅力は近距離で見える花火。花火師の情熱を感じる迫力のある花火に心奪われます。「青森ねぶた祭り」の前夜祭を盛り上げる花火を心ゆくまでお楽しみください。

開催日時:2022年7月31日 19時開始
観覧場所:浅虫海浜公園
打ち上げ数:4,000発(過去のデータより)
公式サイト:第72回浅虫温泉花火大会 | (asamushi.com)/

港を背景に上空を彩る「八戸花火大会」

八戸市の夜空を鮮やかに飾る「八戸花火大会」。館鼻漁港を背景に、連発花火のスターマインや尺玉が約6,000発打ちあがります。海辺に跳ね返る花火の光まで芸術品。音楽と共に楽しめる花火はエレガントかつダイナミック。東日本大震災の復興のシンボルとして、観衆にパワーを与えていますよ。

開催日時:2022年8月21日(荒天等の場合は8月28日(日)に延期) 19時開始 
観覧場所:館鼻漁港
打ち上げ数:約6,000発
公式サイト:八戸花火大会オフィシャルサイト (8hanabi.jp)

秋田の花火大会

日本最高峰の花火大会「大曲の花火」

写真提供:秋田県観光連盟

大仙市で開催される日本三大花火大会の1つ「大曲の花火」。花火大会では珍しい「昼花火」をはじめ、夜花火の「10号玉の芯入割物」「10号玉自由」「創造花火」で構成されています。プロの花火師が内閣総理大臣賞も目指し、芸術的な花火を上空に打ち上げる。一流花火師によるハイレベルな花火は必見です!

開催日時:2022年8月27日 昼の部:17時15分開始 夜の部:18時50分開始 
観覧場所:秋田県大仙市大曲 雄物川河畔「大曲の花火」公園予定
打ち上げ数:約18,000発
公式サイト:全国花火競技大会「大曲の花火」オフィシャルサイト|大曲商工会議所 (oomagari-hanabi.com)

光と音のダイナミックな花火ショー「能代の花火」

秋田県能代市で開催される花火のエンタメショー。2022年のテーマは「復活のノロシ」。夏の始まりに、憂鬱な気持ちを吹き飛ばす。光と音楽が見事に融合し、観客を楽しませる芸術性の高い花火大会。東北唯一の最大三尺玉、次々と夜空を彩るスターマインなどの花火を見終わった後は心が満たされます。日本最先端のパフォ―マンス花火をぜひ体験してみてください。

開催日時:2022年7月23日 19時30分開始 
観覧場所:能代港下浜ふ頭
打ち上げ数:約15,000発以上
公式サイト:《公式》港まつり 能代の花火 – オフィシャルサイト (noshirohanabi.com)

日本海に映る花火も幻想的「日本海洋上花火大会」

由利本荘市の道の駅「岩城」島式漁港公園で開催される「日本海洋上花火大会」。美しい日本海から打ち上げられる花火と素敵な音の競演が観客を魅了する。夏空を華やかに彩るクライマックスの「超特大デラックススターマイン」は必見です。美しい海と感動の花火を見ると、忙しい日常を忘れさせてくれますよ。

開催日時:2022年7月23日 19時30分開始
観覧場所:道の駅「岩城」島式漁港公園
打ち上げ数:約5,000発
公式サイト:日本海洋上花火大会 – 由利本荘市観光協会 (yurihonjo-kanko.jp)

優しさ溢れる花火が思い出に残る「男鹿日本海花火」

JR男鹿駅から徒歩5分のOGAマリンパークが会場。約10,000発の花火が漆黒の空を芸術的に彩ります。思い出になる花火になるようにと願いを込められた2022年の男鹿日本海花火大会。万人に優しいエンタメショーを目指し、メッセージ花火や音楽に合わせたスターマインが観客を和ませます。大人からお子様まで笑顔になれる花火大会です。

開催日時:2022年8月14日 19時30分開始
観覧場所:OGAマリンパーク
打ち上げ数:約10,000発(過去データ)
公式サイト:第18回男鹿日本海花火|秋田県男鹿市 (oganavi.com)

岩手の花火大会

水中ジャンボ花火に圧巻「かわさき夏まつり花火大会 」

写真提供:岩手県観光協会

一関市川崎町で開催される「かわさき夏まつり おらが自慢のでっかい花火 」。河の畔から間近に見える「水中ジャンボ花火」、夜空に開く直径500mの「2尺玉」は迫力満点。その他にも、約10,000発のスターマインなどの美しい花火が観客を魅了する。打ち上げ場所から近いため臨場感溢れる花火を堪能できます。

開催日時:2022年8月16日 19時開始予定
観覧場所:北上大橋下流河畔(一関市) 
打ち上げ数:約10000発(過去データ)
公式サイト:岩手県 – かわさき夏まつり花火大会「おらが自慢のでっかい花火」 (pref.iwate.jp)

山形の花火大会

アート性の高いデザイン花火「赤川花火プレゼンツ」

写真提供:山形県観光協会

「Smile&Peace」をテーマに3年ぶりに観客有りで開催が決定。「感動日本一」と言われる由縁は圧巻のデザイン花火。ミュージックに合わせて打ちあがるスターマインや大迫力の尺玉などは観客を感動させ、笑顔がこぼれます。2022年は酒井家庄内入部400年の節目の年であり、地域の方の熱気と共に一緒に花火大会を満喫しましょう。

開催日時:2022年8月20日 19時30分開始
観覧場所:赤川河畔
打ち上げ数:約10,000発(過去データ)
公式サイト:赤川花火プレゼンツ2022「Smile&Peace 〜地域に元気を、子どもたちに笑顔を〜」 (akagawahanabi.com)

福島の花火大会

光と音のエンタメ花火「いわき花火大会」

写真提供:福島県観光物産交流協会

「いわき花火大会」の最大の魅力は創作花火。最新のヒット曲だけでなく往年の映画ソングに合わせて1秒毎に打ちあがるスターマイン。約6,000発の花火が、小名浜港の空を宝石のように煌びやかに彩ります。みんなが楽しめる花火大会にぜひ足を運んでみてください。

開催日時:2022年8月6日 19時開始
場所:アクアマリンパーク
打ち上げ数:約6,000発(過去データ)
公式サイト:第67回いわき花火大会(iwakihanabi.com)

アートな花火を見て良い思い出を

2年ぶりに開催予定の東北の花火大会9選をご紹介させていただきました。
近年コロナの影響があり、なかなか花火を見る機会も少なかったと思います。今年こそは東北の花火に癒されてみてはいかかでしょうか?花火の輝き、夏の匂い、人の歓喜はきっとよい思い出になりますよ。忙しい毎日から少し離れて、東北の花火大会で感動の時間を過ごしましょう!

14