18

マクセル アクアパーク品川で、水族館とお花見の融合に酔う

ドルフィンパフォーマンス(ナイトver.)『桜語り』

「マクセル アクアパーク品川」では、2022年 3月12日(土)〜4月17日(日)の期間で、同館の春の風物詩とも言えるイベント『NAKED SAKURA AQUARIUM(サクラアクアリウム)』が開催中。デジタルアートの桜と海の生き物たちとのコラボレーションで贈る桜エンターテインメントがさらにパワーアップして登場しました。演出を手掛けたのは「NAKED,INC.(ネイキッド)」。映像やインスタレーション、プロジェクションマッピングを駆使して空間全体を創出するクリエイティブカンパニーです。日本ならではのお花見という文化が水族館という舞台でデジタルアートの力を借りて進化した様子を体感してください。桜の開花情報が気になる季節ですが、マクセル アクアパーク品川では、イベント期間中は、風が吹いても雨が降っても満開の桜が迎えてくれます。

水族館が魅せるお花見

マクセル アクアパーク品川で出会える7つのお花見シーンを順番にご紹介いたします。

パークエントランスで『桜便り』がお出迎え

入場ゲートを抜けるとすぐに目に飛び込んでくるのが、華やかにエントランスを飾る『桜便り』です。満開の桜で埋め尽くされた桜色の壁面には『NAKED SAKURA AQUARIUM』の赤い文字。

お花見に名前もぴったりのサクラダイ

その下に四角く穿たれた空間に収まった水槽には鮮やかな朱色の「サクラダイ」が舞い泳ぐ。

スクリーン(壁)に手を伸ばすと勢いよく桜の花が開く

足元に舞い踊る桜の花びらの中を進んで、壁に手をかざせば、サクラが花開くというインタラクションがゲストを迎えてくれます。

花びらの舞い散る『舞桜の庭』で没入体験

今年が初のお披露目となる注目の演出。ダイナミックな映像が空間全体を包み込む。

『舞桜の庭』は、没入体験が魅力のイマーシブエリア「パターンズ」で展開されるコンテンツです。高さ約3.6m四方の壁面と床で構成される空間全体に、22台のプロジェクターで、花びらの舞い散る春の日本庭園がダイナミックに描き出されます。春霞が漂う庭園にはソメイヨシノや枝垂れ桜、八重桜などさまざまな品種の桜が咲き誇り、足元には枯山水が広がっています。

日本庭園にふさわしい魚がセレクトされている

エリア内にはテーマに合わせて11本の水槽が立ち並び、和の色彩をまとった錦鯉や各種の金魚そしてメダカたちが優雅に泳ぎ、プロジェクションマッピングの演出と相まっておごそかで華やかな世界観を作り出しています。

春の宴を演出する『零れ桜』の散歩道

水槽上部の壁に満開の桜が投影され、足元にも花びらが舞う小径

『舞桜の庭』に続くのは7つの水槽とショーケースが交互に並んだ桜の花散る『零れ桜』の散歩道。

宴の小物と一緒に展示される名前に花がつく魚たち

宴を盛り上げる小物でディスプレイされた水槽の中には、「スミレナガハナダイ」「ケラマハナダイ」「アカネハナゴイ」など、名前に花がつく春らしい色彩の魚たちが集められ、ショーケースには割竹と桜のインテリアフラワーで作られたオブジェが並び、桜の花びらの舞い散る散歩道を形作り、春の宴の気分を盛り上げてくれます。

桜色の触手が優美な舞いにも見える

『花灯』でゆったりお花見気分を満喫

満開の桜によって、夜がほの明るく感じられる様子を「花灯」と呼ぶのだそう

ブラックライトに照らされた発光サンゴが放つ光によって創り出される幻想的な雰囲気のカフェバーが、桜花に包まれた「サクラアクアリウム」仕様に。

写真左から、さくら澪1200円、ホイップ抹茶オ・レ600円、さくらスカッシュ500円、クレミアサンデー 白玉ぜんざい800円

桜の花が放つほの明るい光が周囲を包み込んで情緒たっぷりの空間では、桜にちなんだ『さくら澪(アルコール)』『さくらスカッシュ』、和テイストの『ホイップ抹茶オ・レ』『クレミアサンデー 白玉ぜんざい』などの限定メニューが楽しめます。

NAKEDつくばい™

衛生管理も抜かりなく、手指の除菌さえもアート&エンターテインメントにしてしまう「NAKEDつくばい™」が、バーカウンター横に設置されています。

音と光に包まれたクラゲたちの饗宴

刻々と変化していく光とクラゲの浮遊が幻想的なお花見シーンを創り出す

ジェリーフィッシュランブルは、幅約9m、奥行35mの展示ゾーンで音と光の演出のなかでクラゲたちの優雅な舞いを鑑賞できる幻想的な空間です。音楽に連動する98個のLEDライトと水槽照明が広大なスペース全体を桜色に染めあげます。

7つの円柱水槽と中央にある前面がクリスタルの水槽では、ミズクラゲやカブトクラゲ、インドネシアシーネットルなどのクラゲが展示されています。「桜」をテーマとした今回の季節演出(5分)と通常の演出(3分)が交互に行われていますので、ふたつのバージョンを楽しむことができます。

イルカたちのダイナミックなパフォーマンスで盛り上げる『桜ノ宴』

イルカたちと一緒に盛り上がる賑やかな宴

360度どこからでも楽しむことができる直径約25m、深さ5mの円形プール「ザスタジアム」が『桜ノ宴』の舞台。マクセル アクアパーク品川で最も人気のコンテンツのひとつ「ドルフィンパフォーマンス」が「サクラアクアリウム」仕様になり、デイバージョンの『桜ノ宴』とナイトバージョンの『桜語り』が披露されます。

昼に行われる『桜ノ宴』前半は、天窓から差し込む陽光のなか、小鳥たちのさえずりに導かれるように、桜が芽吹き、可憐に花開く姿を、イルカのスピード感あふれるパフォーマンスで表現して魅せます。後半はMCの案内でイルカたちへのハンドサインや座ったまま行える簡単なダンスのレッスンを受けたのちに、ゲスト参加型のプログラムが展開、会場一が体となって宴を盛り上げます。

夜バーション『桜語り』で夜桜鑑賞

イルカたちのダイナミックなジャンプや華麗な水中ダンスに惹かれる

今季のイベントのハイライトは、なんと言ってもドルフィンパフォーマンス『桜語り』です。ウォーターカーテンや照明に加え、プロジェクションマッピング、12.1chサラウンドの最先端テクノロジーによる演出は圧倒的な没入空間を創出。直径約25mの円形プールをいっぱいに使った、息を呑むようなイルカたちの躍動が会場全体を『桜語り』の世界観に引き込みます。MCのトークを外し、演出のみでの展開することで生まれる没入感のなか、圧巻のフォーマンスが展開されます。この演目では、咲き誇る・凛とたたずむ・春風に舞い散る、といった桜のさまざまな表情を楽しんでください。うたかたの宵に美し桜語り。

もっと楽しむ「マクセル アクアパーク品川」

3種のノコギリエイが泳ぐ人気のトンネル水槽のワンダーチューブ

今回は、季節イベントである『NAKED SAKURA AQUARIUM』を中心に特集しましたが、マクセル アクアパーク品川の魅力はそれだけではありません。インスタ映えするスポットとして人気なのがトンネル水槽のワンダーチューブ。自然光が差し込む長さ約20mの海中トンネルには、世界で唯一展示されているドワーフソーフィッシュほか、グリーンソーフィッシュ、ナンヨウマンタをはじめとするさまざまな種類のエイたちが、白いお腹を見せて優雅に泳いでいます。

茶色の綿羽に包まれたオウサマペンギンのヒナ

女性に特に人気なのは、2021年8月9日に生まれ、綿羽と呼ばれるモフモフの毛に包まれた丸々したオウサマペンギンの赤ちゃん。

まったりくつろぐカピバラ

そのほかにも動物たちの日常に出会えるアクアジャングルやワイルドストリートでは、のんびりくつろぐカピバラや何をしていても愛らしいコツメカワウソは見ているだけで癒されること間違いなしです。

デジタルお花見という選択肢

開催期間:2022年3月12日(土)〜4月17日(日)

春の陽気に誘われて、海や水族館に行きたいけれど、お花見もしたい・・・ならいっそのこと、サクラアクアリウムへ足を延ばしてみてください。37日の期間中、デジタルアートの桜は常に満開状態です。品川駅から徒歩で約2分、ワクワクする非日常が待っています。

マクセル アクアパーク品川(マクセル アクアパークシナガワ)
03-5421-1111(音声ガイダンス)
※お買い求め・お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。
『NAKED SAKURA AQUARIUM』
イベント期間:2022年3月12日(土)〜4月17日(日)
営業時間:
2022年3月12日(土)〜18日(金):10:00〜18:30(最終入場18:00)/ 2022年3月19日(土)〜31日(木):10:00〜20:00(最終入場19:00)
Remarks:
待機列緩和のため、日時指定入場券またはWEB入場整理券が必要な日程があります。
3月12日(土)、13日(日)、19日(土)、20日(日)、21日(月・祝)、26日(土)、27日(日)

※2022年4月以降の営業時間および対象日は公式HP(http://www.aqua-park.jp/aqua/news/28416/index.html)にてご確認ください。
※お買い求め・お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。

18