1

世界一おいしい!カンボジアペッパーとは?おすすめの食べ方も

カンボジアペッパーをご存知でしょうか。コショウを食べたことがないという方はあまりいないかもしれませんが、カンボジアペッパーを食べたことがある方は少ないかもしれません。カンボジアペッパーは「世界一おいしい」ともいわれる高級コショウです。日本で食べられているコショウと大きく違うその魅力をご紹介します。

なぜカンボジアペッパーがおすすめ?

あまり日本では知られていませんが、カンボジアは世界有数のコショウ生産国といわれています。カンボジアのコショウは、大自然から生まれたフレッシュなコショウで、フルーティーな風味があります。ピリッとした辛さと新鮮な旨味、そして豊かな香りが魅力です。

内戦の中で衰退したカンボジア伝統のコショウ作りですが、近年再び盛り上がりを見せていて、コショウの生産が盛んになってきています。ぜひ、カンボジアのおいしいコショウを食べてみてはいかがでしょうか。

カンポット・ペッパーとは

「カンポット・ペッパー」とは、カンボジア南西部に位置するカンポットなどで作られている、カンボジアペッパーの一種です。フランス植民地下で栽培が開始されたコショウで、黒・白・赤などの種類があります。どれも魅力的な味ですが、「黒」は「黒いダイヤモンド」とも呼ばれ、高級品として知られています。

また、生のコショウの実を塩漬けにした「塩漬け生コショウ」といったものもあり、独特の風味やプチプチとした食感が魅力で、こちらもおすすめです。

黒コショウ・白コショウ・赤コショウそれぞれの特徴

カンボジアペッパーの黒・白・赤それぞれの特徴をご紹介します。「黒」は、緑コショウを天日で乾燥させたもの。力強い野性的な香りと辛さが特徴です。「白」は、完熟コショウの皮を除いて乾燥させたもの。黒コショウに比べて上品な香りがあるのが魅力といえます。「赤」は、完熟コショウを皮付きで乾燥させたもの。奥深く、柔らかな味わいがあります。彩りがよいので見た目でも楽しむことができます。

これら3種類のコショウは、使用用途や好みで使い分けてみるものおすすめです。

カンボジアペッパーのおいしい食べ方をご紹介

カンボジアペッパーを使った料理やおいしい食べ方をご紹介します。
「黒」は、ステーキなどのお肉料理や、カルボナーラなどに合います。スパイシーさを求める人におすすめです。塩漬けは柔らかいので、白いご飯やおにぎりの具材にも。数粒乗せて食べるとプチプチとした食感と口の中に広がる風味を楽しめます。

「赤」はカルパッチョ、サラダ、マリネ、メイン料理などのアクセントに。鮮やかな赤色が料理を華やかに彩ってくれます。

「白」はクリームシチュー、魚介料理、スープ、オムレツなどに合います。上品で穏やかな香りと辛みが特徴で、素材の繊細な風味を消さずに旨味を引き立ててくれます。

カンボジアペッパーを使って、食卓を豊かにしよう

カンボジアペッパーの魅力をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。カンボジアの大自然から生まれたフレッシュなコショウで、フルーティーな風味を持っています。さまざまな料理に合うので、使うたびにさらなる魅力を発見できること間違いなし。ぜひ、一度カンボジアペッパーを使ってみてください。

1