1

バンコクへの短期留学で、
本場タイ古式マッサージ技術を身に付ける!

タイ古式マッサージを習得したい場合には、バンコクへの短期留学がおすすめです。この記事ではタイやバンコクの魅力と、本場タイのマッサージ技術を習得したい方へ是非お勧めしたいワットポー・マッサージスクール・スクムビット校についてご紹介します。

タイの首都バンコクは温暖な気候で仏教思想が人々の生活に根付いている

タイは東南アジアの中心に位置する国で、広さは日本の約1.4倍、時差は2時間です。東京からバンコクまでは直行便で約5時間30分~6時間で移動することが出来ます。年間の平均気温は約29℃で最も暑い4月の平均気温は約35℃、涼しい時期の12月でも平均気温は約17℃と温暖な熱帯性の気候です。6~10月は比較的雨が多い雨期です。 国民の9割が仏教を信仰していますが、日本で主流の大乗仏教とは異なる上座部仏教が信仰されています。タイの寺院は信仰の場であると共に人々の生活に根付いているのが特徴です。寺院では古くから医療などの社会福祉活動や教育的活動も行われていました。ワットポー寺院が「マッサージの総本山」として知られるようになった理由もここにあります。仏教からくる日常の心構えが根付いるタイ人は「微笑みの国」のキャッチフレーズ通り、温かく穏やかに私たちを迎えてくれます。

タイでは独特な街並みやパワースポットの世界遺産が楽しめる

バンコク短期留学

バンコク市内は地下鉄「MRT」や高架を走る鉄道「BTS」で移動することができます。こうした近代的な交通機関が発達し、高層ビル群や巨大なショッピングモールなどが建ち並ぶ大都会の顔を持つ一方、屋台や三輪タクシー「トゥクトゥク」など昔から変わらないタイならではの生活文化を感じられるのもバンコクの魅力です。

バンコク短期留学

タイは航空網が発達していて、国内線も充実しています。バンコクから飛行機に乗ればプーケットやクラビ、サムイ島、チェンマイなどさまざまな観光地に1時間半ほどで訪れることができます。 また、パワースポットとして知られる寺社や古都アユタヤ文化遺産(1991年登録)など、5つの世界遺産や2つのユネスコ無形文化遺産があり、タイの魅力は尽きません。

日本語OK!タイ古式マッサージを学ぶには短期留学がおすすめ

写真はイメージです

タイ古式マッサージは、指圧やストレッチ、整体を融合させた施術で深いリラクゼーション効果が期待できる施術です。タイ古式マッサージをしっかり学びたい方には、ワットポー・マッサージスクール・スクムビット校がおすすめです。ワットポー・マッサージスクール・スクムビット校はワットポー・マッサージスクールの分校で、バンコクの便利な中心部にあります。カリキュラムはもちろん本校と同じです。高校生以上なら受講可能で年齢は不問です。教材の中には日本語版テキストが含まれていて、タイ人講師も多少の日本語が通じますし事務局には日本人スタッフ常駐していますので、タイ語が出来ない方や英語が苦手な方でも学べる環境が整っています。

スクールの講習時間は最長60時間です。3日~5日程度で基礎が学べ、さらに基本コース修了者を対象とした開業支援コースもあるので、ビザが必要なほど長期滞在をしなくても技術を学ぶことが可能です。修了試験の合格者には、終了証が授与されます。

タイ古式マッサージをバンコクの短期留学で学ぼう!

タイの首都バンコクは、熱帯気候ならではの生活様式と厳かな仏教を中心とした伝統文化が根付く魅力的な街です。大都会を楽しむことも自然や歴史に触れることも可能です。温厚なタイ人と触れ合い、タイの生活文化を感じ、本場のタイ古式マッサージをワットポー・マッサージスクール・スクムビット校で学んでみませんか?

Wat Po’s Thai Traditional Massage School(ワットポー・マッサージスクール・スクムビット校)
(+66) 02-261-0568
09:00〜19:00
日曜日
※現在、臨時休校中です。
※お買い求め・お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。
1