12

世羅町は四季が体感できる広島県の観光スポット
ドライブに行こう

広島県のほぼ中央に位置する世羅郡唯一の町・世羅町は観光におすすめの土地。この記事では世羅町の概要や世羅町の季節ごとの楽しみ方をご紹介します。

世羅町は日帰りドライブが可能なおすすめ観光地

写真提供:世羅町観光協会

世羅町は、山に囲まれた内陸部にある人口約1万5千人の街。寒暖差のある気候を生かした花とフルーツの栽培が有名で、四季折々の表情があります。尾道市からは車で約40分、福山市から車で約50分、広島市からは車で約1時間半。広島県の各都市からの日帰り観光に程よい距離感で、自然を満喫したり今高野山で歴史に触れられる観光スポットです。

世羅町の春|しだれ桜やポピー、菊桃、レンギョウなどが色鮮やか

ポピヤ畑
写真提供:世羅町観光協会

世羅町の春は次々にほころびだす花が美しい時期です。車で走っているだけでも色とりどりの景色が見られますが、「道の駅世羅」では花の開花状況が確認できます。休憩する場合には全国屈指のしだれ桜並木や数品種の桜リレーの様子が楽しめる「世羅甲山ふれあいの里」や菊桃が有名な「ラ・スカイファーム」で散策をしてみましょう。

写真提供:世羅町観光協会

小腹がすいたら「世羅高原ファームランド」内にある「ジェラート工房 Donna」で、牧場でとれた新鮮なミルクで作られた季節ごとに異なるジェラートでおやつタイムです。

世羅町の夏|果物狩りやジャムづくりなど体験型イベントが多数

ブルーベリー畑
写真提供:世羅町観光協会

夏の世羅町はラベンダーが美しい時期。「香山ラベンダーの丘」では、6月中旬~7月中旬はラベンダーやハーブが楽しめて、8月上旬~9月下旬にはブルーベリーの摘み取り体験も行っています。

写真提供:世羅町観光協会

「世羅幸水農園」は日本最大級の梨園で、梨・ぶどう・苺・もも・りんごなどを栽培。収穫時期には果物狩りができます。

リンゴの木
写真提供:世羅町観光協会

「世羅向井農園」では新鮮フルーツを使ったジャム作りもおすすめです。

世羅町の秋|梨やワイン、松茸に舌つづみ!ダリアや紅葉も

写真提供:世羅町観光協会

「世羅高原農場」の秋はダリアとガーデンマムの季節。9月中旬・下旬頃から10月中が見頃です。ゆっくり散策しながら過ごせます。

写真提供:世羅町観光協会

また本格的な収穫シーズンとなり、「世羅大豊農園」では梨狩りが可能。梨の木は一部オーナー制になっていて、自分だけの梨の木から採った自分だけの梨を味わうこともできます。

写真提供:世羅町観光協会

「せら夢公園」に併設されている「せらワイナリー」ではハニービーナス、マスカット・ベーリーA、シャルドネやメルローなどを栽培。せらワインとして販売されています。車を運転しない場合は併設のレストランで味わうことも。時期にはヌーヴォー祭りが行われます。

写真提供:世羅町観光協会

紅葉を楽しみたい場合には、紀州・高野山の別格本山として鎌倉時代から続く「今高野山」に行ってみましょう。

世羅町の冬|優しくゆらぐキャンドルで幻想的な冬の夜を満喫

大衆演劇せら温泉

「世羅高原農場」と「今高野山」ではキャンドルナイトが実施されます。キャンドルの本数は約12,000個。雄大な木々や花々などの自然とキャンドルが灯る揺らめきに思わず時間を忘そうです。「笑楽家」では2012年の第3回広島鉄板グランプリで優勝した「せらの恵み焼き」が有名。広島風お好み焼きに世羅産トマト、大葉、チーズが乗ったここだけのオリジナルメニューです。スーパー銭湯「大衆演劇 せら温泉」では生薬風呂のほか、月ごとにお湯が変わるイベント風呂があり、冬はゆず湯などが中心。しっかり体を温めて英気を養いましょう。

世羅町は観光スポット多数!休みの日にお出かけしよう

ドライブデートや観光におすすめの場所、世羅町。同じ観光スポットでも、訪れる時期によりさまざまな自然の表情が見られます。ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

12