45

ピーター・パンゆかりの地、
ロンドンを巡る旅に出よう!

ピーター・パンの舞台として有名なイギリス・ロンドン。ロンドンには、ピーター・パンが住んでいるとされている公園や、ピーター・パンの彫像などがあります。せっかくロンドンに行くなら、ピーター・パンゆかりの地や歴史情緒あふれる町並みを巡ってみませんか。今回は、ピーター・パンの舞台になっている公園やロンドンのおすすめホテルを5つ紹介します。

ピーター・パンとは?

イギリスの作家ジェームス・マシュー・バリーの作品「ピーター・パン」。ピーター・パンは、海賊のフック船長やインディアンのタイガーリリーが住む異世界 ネバーランド に移り住み、妖精・ティンカーベルと共に冒険の日々を送る永遠の少年です。ロンドンのケンジントン公園で乳母車から落ちたところをベビーシッターに見つけてもらえず、迷子となったことから年を取らなくなりました。

イギリス・ロンドンが舞台となっており、物語に登場する場所が街に溢れているので、ピーター・パンの舞台を巡るためにロンドンを訪れる人もいるほどです。ちなみに、12月27日は劇『ピーター・パン』が1904年に初めて披露された日であることから、ピーター・パン記念日とされています。

ピーター・パンが住む公園「ケンジントン・ガーデン」

ピーター・パンが住んでいる公園として有名な「ケンジントン・ガーデン」を紹介します。ロンドンを訪れたなら、足を運びたいスポットです。大人から子どもまで楽しめる場所なので、家族で行くのもおすすめです。

概要

ロンドンの中心部に位置しているケンジントン・ガーデン。ロンドンに8つある王立公園の一つであり、現地の人だけでなく観光客も多く訪れる人気スポットです。ピーター・パンの舞台であることから、1912年敷地内にピーター・パン彫像が建立されました。

アクセス

イメージ

北入口へのアクセスは、地下鉄ランカスター・ゲート駅出口からすぐです。南入口は、地下鉄ハイストリート・ケンジントン駅出口を右に出て、ケンジントン・ハイストリートの端にあるパレスゲートにあります。

見どころ

ピーター・パン像の他に、彫刻家ジョージ・フレデリック・ワッツによる勇ましい騎馬像 フィジカル・エナジー像などがあるので、ゆったり散策するのにおすすめです。イタリアン・ガーデン・ファウンテンやサーペンタイン橋など、ロンドンらしいおしゃれな雰囲気を感じられる場所もあります。四季によって異なる景色を楽しめるので、それぞれの季節ごとに訪れるのもよいでしょう。

ロンドンで泊まるならココ!おすすめホテル5選

ロンドンでおすすめのホテルを5つ紹介します。ロンドンには、モダンな雰囲気が魅力的なホテルやスパが充実したホテルなど、さまざまなホテルがあります。観光地へのアクセスが良いホテルばかりなので、ロンドンへ行く際はぜひ参考にしてください。

The Mayfair Hotel

出典:エアトリ

クライストチャーチ中心部に位置している「The Mayfair Hotel」。1927年開業の5つ星ホテルであり、近くにはハグレー公園や大聖堂スクエアなど、ウエスト・エンドの観光名所が多くみられます。ロンドン旅行の拠点に最適なホテルです。

The Mayfair Hotelの客室は、最低でも32㎡あり、クライストチャーチにあるホテルの中でも最大級。モダンな雰囲気が魅力的で、観光で疲れた体をゆったりと休められる空間になっています。

The Mayfair Hotelは、おもてなしが充実しているのもおすすめのポイント。スウェーデンの高級コスメブランドのバスアメニティが用意されているほか、May Fairスパや24時間営業のジムなども楽しめます。昼間はカフェ、夜はカクテルバーとして営業している「Majestic at Mayfair」も併設されているので、充実した時間を過ごせるでしょう。

The Marylebone Hotel

出典:エアトリ

ロンドンの中心地、メリルボーンに建つ「The Marylebone Hotel」。世界有数のショッピングエリアであるオックスフォード・ストリートやボンド・ストリートにほど近い場所にあります。ウエスト・エンドの劇場街からも近いので、ショッピングはもちろん、演劇を楽しみたい方にもおすすめです。

20世紀的クラシックを基調とした部屋は、その華やかさから過ごしているだけで気分が上がります。すべての部屋にマリン&ゴッツ製のバスアメニティが備わっているほか、18mのスイミングプールや最新式のジムなど、施設が充実しているのもおすすめなポイントです。

ホテルに併設されている飲食店「08 Brasserie」では、地元で採れた新鮮な食材を使ったおいしい料理を楽しめます。ルームサービスは24時間利用できるので、部屋でゆったり過ごしたい人にもおすすめです。ロンドンを旅するなら、ホテル候補に入れておくとよいでしょう。

The Savoy

出典:エアトリ

ロンドンの中心地に位置している「The Savoy」。The Savoyは1889年に創業して以来、王族や国家君主などをお迎えしてきた、格式高いホテルです。2018年には「フォーブストラベルガイド」で5つ星を獲得しています。

The Savoyの客室からは、ロンドン市街やテムズ川の素晴らしい景色を楽しむことができます。英国エドワーディアンとアールデコを反映した客室は、「旅先にいながらわが家のようにくつろげる客室」として多くの人から愛されています。ロンドンの歴史的な雰囲気を全身で感じられるので、英国らしい気品にあふれたホテルに泊まりたい方におすすめです。

The Savoy
+ 44 (0)20 7836 4343 / + 44 (0)20 7420 2111

The Langham

出典:エアトリ

リージェント・ストリートの北端に位置している「The Langham」。The Langhamは、1865年に開業して以来、150年以上にわたって多くの皇族や著名人をお迎えしてきました。地下鉄オックスフォード・サーカス駅まで徒歩5分と、交通のアクセスが良く、現在でもロンドンの元祖高級ホテルとして高い人気を誇っています。周辺には数多くの劇場やレストランがあるため、観光客にもおすすめです。

The Langhamの内装はオリエンタル調で、時代に合わせてアップデートされながらも歴史的個性が活かされた空間が広がっています。インテリアが特徴的であるほか、漢方をベースとしたアメニティが用意されているので、ロンドン旅の疲れを存分に癒せるでしょう。

The Langhamには、ロンドン市内の中でもトップクラスの美味しさを誇ると言われているレストランが併設されています。アフタヌーンティーの文化が生まれた「パーム・コート(Palm Court)」もあるので、英国気分に浸りたい人にもおすすめです。

Four Seasons

出典:エアトリ

バッキンガム宮殿やハイドパークから徒歩15分の場所に位置する「Four Seasons」。地下鉄ハイドパークコーナー駅や地下鉄グリーンパーク駅など、移動手段として重要な地下鉄の駅からも近いので便利です。

Four Seasonsは、アロマテラピーやボディラップなどを楽しめるスパが充実しているのも嬉しいポイント。フィットネスセンターやサウナもあるので、身体を動かしてリフレッシュしたい人にもおすすめです。

併設されているフランス料理レストランでは、ミシュランの3つ星を獲得したシェフによる素晴らしい料理を楽しめます。バーやラウンジがあるので、ロンドンの歴史情緒あふれる夜景を見ながらおいしいお酒を飲み、素敵な旅の夜を過ごすのも良いでしょう。

Four Seasons Hotel London at Park Lane
+44 (0)20 7499 0888

ピーター・パンゆかりの地を訪れてゆったり過ごそう!

今回は、ピーター・パンの舞台になっている公園「ケンジントン・ガーデン」とロンドンのおすすめホテルを5つ紹介しました。次にロンドンへ行くことがあれば、ピーター・パンゆかりの地を訪れてみませんか。

45