3

マドリードの美しい村めぐり!
秘境の村落へと足を踏み入れてみませんか

マドリード州には、農村や静かな町、食べ物がおいしい自然溢れる場所など、いわばマドリードの秘境がいくつも存在します。この記事では歴史的価値のあるスポットを5カ所ピックアップしてご紹介します。それぞれの魅力を知り、訪れたい場所に思いをはせてみてはいかがでしょうか。

石畳の小さな村「パトネス・デ・アリバ」

パトネス・デ・アリバ

マドリードから北東に約70km、車で約1時間の場所にあるのが「パトネス・デ・アリバ(Patones de Arriba)」です。ノルテ山脈に囲まれた人口数百人ほどの小さな村で、家も道路もすべて天然の粘板岩(スレート)造り。
山の斜面を利用して作られた街並みは、中世の農村に紛れ込んだような風情を感じさせます。パトネス・デ・アリバは、18世紀には王国として独立していたとされる長い歴史のある場所で、全長13キロの「カバルス水路(Canal de Cabarrús)」「エル・アタサル貯水池(Presa de El Atazar)」などが観光ポイント。山あいながら生活に欠かせない水をうまく管理できていた様子が伺えます。

古い城壁に囲まれた「ブイトラゴ・デ・ロソヤ」

ブイトラゴ・デ・ロソヤ
Photo by PromoMadrid

マドリードから北に約80km、車で約1時間の場所にあるのが「ブイトラゴ・デ・ロソヤ(Buitrago de Lozoya)」。かつては防御上の重要な飛び地で、ロソヤ川のほとりに城壁が築かれた美しい村として知られています。15世紀に築城された城(アルカサル)や「サンタ・マリア・デル・カスティージョ教会(Iglesia de Santa María del Castillo)」「時計塔(Torre del Reloj)」「ピカソ美術館(Museo Picasso)」など価値ある文化遺産が集まる地域。1日あれば「パトネス・デ・アリバ」とあわせて観光可能です。

城も歴史遺産も楽しめる「サンマルティン・バルデイグレシアス」

サンマルティン・バルデイグレシアス
Photo by Miguel Angel Masegosa Martínez

マドリードから西に約70km、車で約1時間の場所にあるのが「サンマルティン・バルデイグレシアス(San Martín de Valdeiglesias)」。オエステ山脈の山中にあります。15世紀に築かれた「コラセラ城(Castillo de la Coracera)」は、防御や領主の住まいとして使われていた高い塔が特徴的です。現在は城の中に観光案内所とワインセラーがあり、ワインの試飲や各種イベントが行われることも。聖マルティヌスのスペイン語表記であるサンマルティンを町の名に冠する通り、「サン・マルティン・デ・オビスポ教会(Iglesia de San Martín de Obispo)」のほか礼拝堂が多くみられ、半日ほどで観光できるスポットです。

パラドールに宿泊が可能「チンチョン」

チンチョン
Photo by Rubén Vique

「チンチョン(Chinchón)」は、マドリードの南東に約60km、車で約50分の場所にあります。ブドウやオリーブの畑に囲まれた場所で、レストランやテラスも多く、スペインならではのグルメを楽しむのにもおすすめの地区。柱廊の美しいマヨール広場は、時期によって闘牛などさまざまなイベントが執り行われます。「アウグスティノ会修道院」がパラドールになっているので、中世の雰囲気を体感しながら宿泊するのはいかがでしょうか。

マヨール広場やワイナリーで舌鼓「コルメナル・デ・オレハ」

サンタ・マリア・ラ・マヨール教会
Photo by manuel m. v.

チンチョンから5kmほど南東にある「コルメナル・デ・オレハ(Colmenar de Oreja)」もスペインの美しい村のひとつです。ワイナリーが複数あり、マヨール広場(Plaza Mayor)にはバル、レストラン、テラスも多く人々が集まります。「サンタ・マリア・ラ・マヨール教会(Iglesia de Santa María la Mayor)」や印象派の画家ウルピアノ・チェカの作品を所蔵した「ウルピアノ・チェカ美術館(Museo Ulpiano Checa)」にも足を運んでみましょう。

マドリードの美しい村めぐりで一味違う体験を

マドリードの中心から車を1時間ほど走らせるだけで、高い評価を誇る文化的遺産を有しながらも田舎らしさをしっかり守る集落群を見出すことができます。今回ご紹介した村はどれも個性的で魅力的な場所です。是非すべての村をめぐってみてください。

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
3