1

ジンギスカンは女性の味方?!ダイエットや美肌効果に期待

北海道のソウルフード・ジンギスカンは、ダイエットに効果的なL-カルニチンを豊富に含んでいるヘルシーフード。暖かくなるにつれ、バーベキューを楽しむ人も増えてきます。ジンギスカンは、いつもと違ったバーベキューを楽しみたい方にもオススメです。

ラムとマトンの違いとは?ジンギスカンの美味しい食べ方

ジンギスカンのお肉は、ラムと呼ばれる仔羊の肉とマトンと呼ばれる成羊の肉の2種類に分かれています。ラムはやわらかく、くせのない味わいです。マトンは、羊本来の味わいが特徴的。
そして、ジンギスカンにはお肉をあらかじめタレに漬け込んでおくタイプと、焼いてから味付けをするタイプがあります。

野菜と一緒に食べることが多いジンギスカンですが、ラム肉はパスタや焼きうどん、ラーメンなどの麺類と炒めても相性抜群です。

実はダイエット効果も期待できるジンギスカン!

ラム肉には美容やダイエットに効果のある栄養素が多く含まれており、健康志向の人たちから注目を集めています。とくに、ラム肉に含まれる「L-カルチニン」は、脂肪を燃焼する効果があるといわれています。摂取してから運動すると、体脂肪が燃えやすくなるほか、血中コレステロール値を下げてくれます。

ラム肉は、他のお肉に比べて低カロリー。細胞を若返らせるとされるビタミンEも含まれているので、美容効果も期待できます。ダイエット中の方や「お肉は食べたいけど、生活習慣病が気になる」という方にオススメです。

北海道の郷土料理「ジンギスカン」

ジンギスカンは、農林水産省主催の「農山漁村の郷土料理百選」にも選ばれている、北海道の代表的な郷土料理です。羊肉を特製のタレに漬けこみ、中央部分が盛り上がった専用の鍋で調理します。鍋の中央で焼いたお肉からはジューシーな肉汁がたっぷり。汁が野菜に染み渡り、絶妙なハーモニーを奏でます。

昔、北海道では多くの農家がヒツジを飼っていました。羊毛をとるために飼育されていたヒツジの肉をおいしく食べようと考案されたのがジンギスカンです。

野菜やうどんも一緒に炒めると美味!

北海道でお花見といえば、やっぱりジンギスカン。キャンプ場や、学生の遠足でも人気の高い定番メニューです。お花見の季節になると火の使用が認められている公園では、桜の下でジンギスカンを楽しむ人の姿が多く見られます。

もっと手軽に楽しみたいという人は、青空の下でジンギスカンを楽しむのも良いですね。ラム肉ともやし、にんじん、ピーマンなどのお好みの野菜を炒めて最後にうどんを入れると肉汁が全体に染み渡り、いつものうどんがランクアップします。

一度食べたらやみつきになるになるジンギスカンを食べてみよう

この記事では、北海道の郷土料理・ジンギスカンを紹介しました。ダイエット効果が期待できるだけでなく、野菜も一緒にたっぷり食べられ、簡単に料理できるところが魅力的です。北の大地のソウルフードをこの機会に自宅で楽しみましょう。

1