26

「温泉総選挙」女子旅部門No.1に輝く「四万温泉」
自然とレトロな温泉街に癒やされる旅

レトロな温泉地・四万温泉

毎年開催されている「温泉総選挙」。6年目となる「温泉総選挙2021」の結果が発表されました。「女子旅部門」では、群馬県北西部に位置する四万(しま)温泉が第1位にランキング。2018年より4年連続で女子人気No.1の四万温泉の魅力とおすすめの宿をご紹介します。

“四万の病に効く”といわれる四万温泉が女子旅部門1位

「温泉総選挙」とは?

「温泉総選挙」は、観光産業の発展と支援を推し進める「旅して日本プロジェクト」が主催し、環境省・内閣府・総務省・経済産業省・観光庁の5省庁が後援する、官民一体で展開する地域活性企画です。6回目となる応援投票を2021年11月1日より2022年1月31日まで実施しました。
「温泉総選挙2021」では、全国の温泉地が9部門からひとつ選んでエントリーし、取り組みを通じて温泉地の魅力をPR。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現地投票は行われずWeb投票のみとなりましたが92日間で1,001,910票の投票がありました。
その結果、女子旅部門のトップ3に選出されたのは、第1位 四万温泉(群馬県吾妻郡中之条町)、第2位 伊香保温泉(群馬県渋川市)、第3位 帯広温泉郷(北海道帯広市)。

魅力あふれる四万温泉

自然豊かな四万温泉の全景(夏)
Photo by ググっとぐんま写真館(https://gunma-dc.net/):四万温泉全景
レトロな街並みの四万温泉
Photo by ググっとぐんま写真館(https://gunma-dc.net/):落合通り

首位となった四万温泉は、豊かな自然に包まれ、昔ながらの温泉情緒が漂う温泉。温泉の湧出量が豊富であり、その優れた環境から昭和29年に国民保養温泉地の第1号に指定されました。四万温泉という名は、“四万の病に効く霊泉”という伝説から命名されたといわれています。お湯の泉質は、ナトリウム-カルシウム塩化物硫酸塩泉(低張性中性高温泉)。切り傷・神経痛・疲労回復などによいとされています。また、飲むと胃腸病に効能があるともいわれ、公共の飲泉所もあり、飲泉所を備えている宿もあります。

四万温泉の魅力を堪能できる、おすすめの宿

バラエティに富んだ四万温泉の宿からおすすめを3軒ご紹介しましょう。

積善館

四万温泉-積善館

まずは江戸時代に創業し、300年以上の歴史をもつ「積善館」。本館は、現存する日本最古の木造湯宿建築であり、スタジオジブリの『千と千尋の神隠し』の世界観を感じます。四万温泉街の中心に位置し、「本館」と国の登録有形文化財「山荘」、奥の高台にそびえ立つ「佳松亭」と、3つの建物に分かれています。本館は湯治用宿泊施設で布団の上げ下ろしなどはセルフサービス。立ち寄り湯での利用も可能です。

四万温泉 積善館(しまおんせん せきぜんかん)
0279-64-2101
※お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。

料理旅館 時わすれの宿 佳元(よしもと)

2軒目は、料理旅館「時わすれの宿 佳元(よしもと)」。温泉街から奥まった閑静な場所にある全8室の宿。上州牛や赤城地鶏、川魚や新鮮な野菜など地元群馬産と旬の食材にこだわった季節の会席料理が堪能できます。川のせせらぎを感じられる和室や露天風呂付きの客室などがあり、ステンドグラスが特徴の貸し切り温泉も備えています。上質な女子ひとり旅にぴったりの宿です。

料理旅館 時わすれの宿 佳元(よしもと)
0279-64-2314
※お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。

柏屋旅館

四万温泉-柏屋旅館

3軒目は、「柏屋旅館」。和モダンな雰囲気で女性に人気の宿です。大浴場と何度でも利用可能な3つの無料貸し切り露天風呂があります。チェックアウトが12時なのでゆっくり朝風呂を楽しみたい人にもおすすめ。おひとり様用や2つの露天風呂が付いた客室などがあり、夕食は和食、朝食は和食・洋食・ブランチからセレクトできます。

四万温泉 柏屋旅館(かしわやりょかん)
0279-64-2255
※お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。

無料の共同湯や多彩な立ち寄り湯で温泉三昧

四万温泉-河原の湯
河原の湯
四万温泉-河原の湯の湯船
Photo by ググっとぐんま写真館(https://gunma-dc.net/):河原の湯の湯舟

四万温泉には、日帰りで楽しめる立ち寄り湯が数多くあります。町営「四万清流の湯」は、露天風呂「ひょうたんの湯」と「おぼろ月の湯」、大浴場「扇の湯」、「矢羽の湯」のほか、飲泉所や談話室があり2時間500円。また、無料の共同湯も石造りの「河原の湯」、共同湯「御夢想の湯」、「上之湯」の3軒があります(コロナ感染拡大に伴い2022年3月7日現在休業中)。立ち寄り湯として利用できる旅館も多く、日帰り温泉のリストは日帰り温泉リスト.pdf (storage.googleapis.com)からダウンロードできます。

神秘的な“四万ブルー”に魅了され、心身ともにリラックス

四万温泉にある奥四万湖

四万温泉を訪れた際、必ず立ち寄ってみたいのが青い水をたたえた奥四万湖。その神秘的な色は“四万ブルー”と呼ばれています。季節や時間帯、日の光などにより色合いが変化し、その美しさはSNS映えするスポットとしても有名。インスタグラムなどSNSにアップする写真を撮るために奥四万湖を目指す人もたくさんいます。

四万ブルーを楽しめるもうひとつのスポットは甌穴(おうけつ)。

四万温泉の四万ブルーが見れる甌穴

四万温泉の入り口、四万川にかかる秋鹿橋の下流約130mの川床に大小8つの甌穴があります。甌穴は四万川急流の渦流により、川底の転石が回転し、転石と岩盤(凝灰岩)との接触部に穴が開いたもの。長い年月をかけて大自然が刻んだ彫刻ともいえます。最も深い場所で3m以上もあり、透き通った四万ブルーがとても美しく、夏には多くの人で賑わいます。1971年には、群馬県の天然記念物に指定されました。

非日常感を満喫できる温泉旅へ

四万温泉の焼まんじゅう店
四万温泉-温泉マークのカプチーノ

四万川の美しい水が織りなす風景に癒やされる四万温泉。ノスタルジックな温泉街には炭火で焼き上げる甘辛味噌ダレの焼きまんじゅうのお店や温泉マークのカプチーノが楽しめるカフェなどがあります。昭和感いっぱいの温泉街をお散歩した後は、湯量豊富な温泉で心身ともにリラックス……。女子旅だけでなく、ひとり温泉旅にもおすすめです。

四万温泉へのアクセス
東京駅から上越新幹線・北陸新幹線(約50分)、新宿から湘南新宿ライン(約1時間50分)で高崎へ。吾妻線に乗り換えJR中之条駅まで所要約55分。東京駅から高速バス「四万温泉号」で約3時間30分。上野駅からJR「特急草津号」で中之条駅まで約2時間。中之条駅から四万温泉街まではバスで約25分。車の場合は、東京から関越自動車道経由で約2時間30分。

四万温泉の最新情報
※お買い求め・お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。
26
富永 直美
EXSENSES公式ライター

『地球の歩き方 aruco台湾』、『aruco台北』の編集者&ライター。共著に『台湾旅行最強ナビ』など。旅先で猫を撮影するのが趣味。