1

ゆらゆらたゆたう金箔が贅沢!
完熟南高梅が香り立つとっておきの梅酒

梅の産地・和歌山県で栽培される南高梅は、大粒で柔らかく香りが豊か。疲労回復の効能もあるといわれています。その完熟の実を使ったとっておきの梅酒が、「金箔入り梅酒『HAMADA』」。香料や着色料を一切使っていないので、梅本来の味が楽しめる人気の一品です。おうち時間のお供に、おいしい1杯をいかがでしょうか?

まろやかな味わいが、ゆったりした時間を作り出す

「金箔入り梅酒『HAMADA』」は、熟成期間5年、アルコール度数13度。自社農園を始めとした特定地区の紀州梅のみを使用したこだわりの梅酒で、芳醇でまろやかな口あたりが特徴です。世界的な食品品評会であるモンドセレクションで2008年から5年連続最高金賞を受賞していて、品質は折り紙付き。一口飲めば、完熟南高梅のフルーティーな香りとコクが口いっぱいに広がり、至福のひとときを過ごすことができます。

きらきら輝く金箔がアクセントの特別な梅酒

この梅酒のもうひとつの特徴が、金箔が封入されていること。ボトルの中で、またはグラスに注いだときに、琥珀色の液体の中で金箔がきらめく様子は、贅沢な気分を盛り上げてくれます。家飲みで楽しむのはもちろん、食前酒にして、いつもの食卓に華やぎを添えるのもおすすめ。お祝いやおみやげにしてもよろこばれそうです。

広大な自社農園で作られた安心安全な梅

梅酒に使われるのは、自社農園のほか特定地区で栽培された梅のみ。自社農園では、農薬や化学肥料を通常の半分以下に減らした特別栽培に加えて、化学肥料や除草剤を一切使用せず、有機肥料を使った栽培に取り組んでいます。太陽をたっぷりと浴び、樹熟した完熟梅は、まるで桃のような香りがするそう。このフルーティーな香りが旨味のひとつになっています。

熟成やブレンドの技術と一貫した管理が品質につながる

「金箔入り梅酒『HAMADA』」を醸造する株式会社濱田では、梅の栽培からボトリングまで全工程を一貫管理しています。漬け込みや熟成、ブレンドなどを手間ひまかけて行うことで、高い品質と最高級の味わいが保たれているのです。

クエン酸やポリフェノールがたっぷり!梅の効能にも注目

さまざまな成分が含まれる梅は、その効能にも注目が集まっています。もともと薬や漢方として重宝されてきたことに加え、最も注目されているのはクエン酸。クエン酸は疲労回復に効果があるとされているので、疲れたときに飲むのにピッタリです。お酒を楽しむ時間が、体を癒す時間にもなります。

熟成期間やアルコール度数の違う梅酒で飲み比べ

梅酒「HAMADA」は、金箔入りのほかに、熟成期間やアルコール度数の違う商品をシリーズで展開しています。白・赤・黒の3つのラベルがあり、アルコール度数13度~18度、熟成期間は1年・3年・5年。甘みが強いもの、キレがあるものなどそれぞれに特徴があるので、飲み比べてみるのも楽しいかもしれません。

ロックで飲んだり、ソーダやお湯で割ったり、カクテルにしたり、梅酒の楽しみ方はいろいろ。おいしい飲み方だけではなく、金箔が映えるグラスを用意するなど、自分なりの楽しみ方を探してみてはいかが?

1