1

長野のりんごはやっぱり甘い!
おいしさの秘密は栽培に適した気候

長野県産のりんごを食べたことはありますか?他のりんごと比べると蜜がつまったものも多く、あまりのおいしさに思わずうなってしまいます。りんごを1日1個食べると医者いらずといわれるほど健康に良く、手頃な値段で購入できるのも魅力の一つです。今回は、そんな一度は食べてみたい長野のりんごについてご紹介します。

長野県は全国有数のフルーツ王国

長野県は他の地域と比べてやや標高が高く、なだらかに傾斜した水はけのよい地形で、果物の生育に最適な条件がそろっています。昼間が暑くても夜になると気温が下がり、その寒暖の差が果物をさらに甘くします。栽培されている果物の品種はりんごを始め、ぶどうやなし、もも、プルーンと多岐にわたっており、まさにフルーツ王国。中でもりんごは、蜜がぎっしり入っていておいしいと評判で、出荷数はなんと全国2位。食感はやわらかく、バランスのとれた味わいです。

さまざまなりんごの品種による違いとは

りんごはとても種類が豊富。国内だけでも約2000種類あるといわれ、さまざまなバリエーションが楽しめます。国内で収穫されるりんごの約5割が「ふじ」で、甘みが多くシャキシャキとした食感が特徴的です。長野県で生まれたオリジナル品種も数多く、「秋映(あきばえ)」、「シナノスイート」、「シナノゴールド」、「シナノドルチェ」などがあります。「シナノスイート」は食感が柔らかく、酸味も控えめ。幅広い世代に愛されています。

毎日食べると健康に!一日1個のりんごのススメ

りんごにはカリウムと食物繊維のペクチンが豊富に含まれており、健康やアンチエイジングに関心のある人たちから注目されています。またりんごの皮や皮の近くの部分には果肉以上に食物繊維やビタミンCなどの栄養が含まれていて、丸ごと食べると健康に良いといわれています。りんごの皮が苦手な人は、小さく切って煮詰めてジャムにするのもおすすめです。また他の果物と比べてカロリーが低いことから、食事後のデザートや食間のおやつに食べても体への負担が少ない果物でもあります。

食べ方もいろいろ!焼きリンゴやジュースにしてもおいしい

手頃でありながら、栄養価が高く、美容と健康にも効果が期待できるりんご。実は、食べ方を変えるだけで、より効率よく栄養を摂取できるといわれています。りんごを焼くとダイエットに効果的なペクチンの抗酸化力が9倍になるという研究結果が報告されており、焼きりんごやコンポートにして食べるのがおすすめ。手軽にりんごを食べたい人は、ジャムやジュースといった既製品を買うのも良いでしょう。酸化防止剤無添加の製品も売られているので、自分に合うものを選んでみてはいかがでしょうか。

おいしくて健康に良い長野のりんごをご賞味あれ

これまで長野のりんごの魅力についてご紹介しました。長野のりんごは他の産地のものと比べて蜜が多く、一度食べたら忘れられない味です。品種がたくさんあるので、自分のお気に入りの味を見つけてみましょう。手頃で身近な存在でありながら、栄養価の高いりんご。ぜひ普段の食生活にふんだんに取り入れてみるのはどうでしょうか。

1