1

”生からすみ“דうに”の高級おつまみで、
家飲みをグレードアップ!

日本三大珍味のひとつである「生からすみ」と、天草近海でとれた「バフンウニ」。九州を代表する2つの高級食材を合わせた逸品があるのをご存知でしょうか?
その名も「うにからすみ」。日本酒にもワインにも合う濃厚な味わいで、バゲットやクラッカーにのせていただくもよし、パスタに絡めるもよし。家飲みをより楽しく、充実した時間にしてくれます。

うにとからすみを1対1でブレンド

長崎名物といえば、ボラの卵巣を塩漬けにして天日干しした“からすみ”を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。こちらに使われている“生からすみ”は、卵巣を生のまま塩漬けにして熟成させた高級珍味で、見た目も風味も“からすみ”とは異なります。独特のクセがないため、“からすみ”が苦手な人でも食べやすいのが特徴。最近は新たな長崎名物として人気上昇中です。

天草は一年を通して新鮮なうにがとれる、うにの名産地です。数あるうにの中から、“生からすみ”との相性を考えて選んだのは、甘みが強い“バフンウニ“。両者を1対1の割合でブレンドし、約1週間低温熟成させた「うにからすみ」は、互いの持ち味が生きた逸品。程よい塩気とプチプチの食感、磯の香りが広がり、口に運ぶたびに幸せな気分に包まれます。

海の幸に恵まれた天草からお届け

「うにからすみ」を作っているのは、昭和59年(1984)創業の丸健水産。生うにや活あわび、活車えびなど、天草でとれた新鮮な海の幸を、全国に発送しています。

「うにからすみ」は、代表の野﨑健さんが何度も試作を繰り返した末に生み出した、天草の新名物。第1回天草謹製認定商品であり、全国水産加工展の熊本県優良商品に入賞するなど、専門家の間でも高い評価を受けています。テレビ番組で紹介されたこともあり、全国から注文が相次いでいる人気のお取り寄せグルメです。

そのままはもちろん、アレンジしても楽しめる

新鮮で濃厚な「うにからすみ」は、日本酒ともワインとも相性抜群。ついついお酒が進んでしまう美味しさで、箸が止まらなくなります。

他の食材との相性もよく、オイルや生クリームと和えてパスタにしたり、絹ごし豆腐にのせたりと、アレンジは自在。
ごはん派には、混ぜご飯やおにぎりの具材にするのもおすすめです。家庭で手軽に、ちょっぴり豪華な一品を用意できます。

高級感あふれる木樽入りで、ギフトにもぴったり

木樽を使ったパッケージも魅力的です。ユニークで、かつ高級感があるので、大切な方へのギフトにぴったり。もちろん、自分へのご褒美として買っても、テンションが上がります。

生からすみと天草産うにを使った高級珍味ですが、価格は比較的手頃なのもうれしいポイント。送料無料で購入できるので、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

1