18

テーマは「米・麹・発酵」
新潟「八海山」のシートマスク

新潟県魚沼市の冬の街並み

ブランド米として誰もが耳にしたことがあるであろう「魚沼産コシヒカリ」の街、新潟県南魚沼市。八海山のふもとに位置し、冬になると数メートルもの積雪がある積雪量が多い地域としても知られています。そんな南魚沼の雪の中で春を心待ちにする暮らしの中から、様々な知恵が生まれ誕生したのが八海醸造株式会社が手掛けるスキンケアコスメブランド「reint」です。今回は、栄養分がたっぷり含まれている麹や酒粕エキスを使ってつくられている肌にやさしいコスメを生み出す「reint」が取り扱っているシートマスクについて詳しくご紹介します。

「れぃんと」という魚沼の方言が由来

「reint」の由来は“ゆっくり”、“自然に”という意味をもつ「れぃんと」という魚沼地方の方言から来ています。「米・麹・発酵」をテーマに、自然由来の成分をふんだんに使い、肌をじっくり再生していくスキンケアコスメとして、reintは誕生しました。清酒「八海山」、焼酎「宜有千萬」、梅酒、ライディーンビール、麹甘酒「麹だけでつくったあまさけ」の製造などを行っている南魚沼の八海醸造さんが手掛ける「reint」では、現在「八海山」のシートマスクを3種類販売しています。

肌にやさしいシートマスク

reintのフェイスマスク全種類

「八海山」のシートマスクは発酵による栄養成分に着目して誕生しました。旨味だけでなく栄養も増す発酵は、作物のとれない冬を乗り越えるためになくてなはらないものであり、日本酒造りにも重要な過程です。
実は日本酒をつくる蔵人たちの手は、すべすべで透き通るように美しいと言われているのをご存知でしょうか。その理由は米を発酵させることで生まれるアミノ酸などの成分が、天然の美容成分として肌に働きかけるため。そんな天然由来の栄養成分をたっぷり含んだ麹や酒粕エキスを使ってつくられたのが「八海山」のシートマスクです。
また、水にもこだわっており、肌にやさしい極軟水の天然水を使用。霊峰八海山の山麓から湧き出るこの水は、新潟県の名水100選にも選ばれており、古くから「雷電様の清水(らいでんさまのしみず)」と呼ばれているそうです。

reintフェイスマスク着用

シートはぴったり密着する使用感で、たっぷり美容液を含むことができるのも嬉しいポイント。中には3D形状のシートマスクもあり、顔全体を包み込む密着効果で美容液の効果を最大限に発揮します。

「米」の力で毎日のうるおいを!「デイリーケア」

reintフェイスマスク デイリーケア

毎日シートマスクを使うなら「米」がテーマのシートマスク「デイリーケア」が最適です。米由来のセラミド(グルコシルセラミド)、2種の保水オリゴ糖(トレハロース, グリコシルトレハロース) を配合。角質層の水分量を高めてバリア機能を改善し、2種類のヒアルロン酸(ヒアルロン酸Na, 加水分解ヒアルロン酸)と2種類のコラーゲン(加水分解コラーゲン, 水溶性コラーゲン)がお肌のうるおい感アップに導きます。リラックスできるベルガモットの香りで、1日の終わりやお風呂上がりに使えばお肌も心も癒されるのではないでしょうか。

「麹」の力でスペシャルなうるおいを!「スペシャルケア」

「デイリーケア」よりさらにうるおいを与えてくれるのが「麹」がテーマのシートマスク「スペシャルケア」。麹は米が原料となることから、米由来の有用成分も合わせて配合し、よりリッチなうるおいを実感できるシートマスクです。麹菌が作り出すエルゴチオネインは抗酸化成分でもあり、ふっくらとしたハリのあるお肌になりたいという方におすすめです。

「発酵」の力でプレミアムなエイジングケア!「プレミアムケア」

reintフェイスマスク プレミアムケア

「発酵」の力をテーマに、「米」と「麹」の要素も全て詰め込んだ「八海山」のシートマスク「プレミアムケア」。エイジングケアに効果的な独自の成分、「八海山」の酒粕エキスや麹エキス(アスペルギルス/ コメ発酵物)を配合し、気になる年齢肌にアプローチ。「reint」 が生まれた魚沼地方の自然豊かな土地をイメージしたというオーガニック植物エキスと森林の香りを配合し、心地の良い香りに包まれます。1度は使ってみたいまさにプレミアムな贅沢気分を味わえるシートマスクです。

魚沼発のフェイスマスクで自然の力をお肌に!

今回は南魚沼の八海醸造株式会社が手掛けるスキンケアコスメブランド「reint」をご紹介いたしました。「八海山」のシートマスクで、魚沼地方の大自然の力を肌で感じてみてはいかがでしょうか。

八海醸造株式会社

reintに関するお問い合わせ:0800-800-3865(月~金 9:00-17:00)

※お買い求め・お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。
18