1本は持っておきたい熊野筆!
その魅力とおすすめのメーカー6選

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しています。

写真提供:広島県

みなさんは、どのようなメイクブラシを使っていますか。メイクブラシは直接肌に触れる道具なので、素材にこだわる方も多いのではないでしょうか。最新の技術を使った化学繊維のブラシは便利ですが、素材にこだわるなら日本の伝統技法で作られた化粧筆がおすすめです。この記事では、化粧筆の中でも特におすすめしたい「熊野筆」の歴史、特徴、おすすめのメーカーを紹介します。

熊野筆の産地・歴史

写真提供:熊野町

「熊野筆」とは、広島県の安芸郡熊野町で作られている筆の総称です。その歴史は古く江戸時代後期にまで遡ります。農地が少ない熊野では、農閑期になると農民は出稼ぎに行き、道中に仕入れた筆や墨を行商していました。次第に熊野の人々は筆づくりを学び、自分たちで筆をつくることを始めます。書道用の筆の生産が盛んに行われ、広島・熊野町は筆の生産地として名を馳せるようになりました。戦後、画筆や化粧筆の製作も始まり、1975年(昭和50年)には熊野筆は伝統工芸品に指定されます。今では、国内で作られる筆の約80%が熊野町産となっているんですよ。

熊野筆の特徴と魅力

使われている素材

写真提供:熊野町

熊野筆の原材料は獣毛です。中国の山羊の毛、馬毛、狸毛、鹿毛、鼬毛(いたちもう)、ジャコウネコ毛など10種類以上の動物の毛が使われています。天然の毛の特性を大切にしている熊野筆は、毛先が繊細で適度なコシも持ち合わせているのが特徴です。

熟練の技

写真提供:熊野町
写真提供:熊野町

熊野筆が人々を魅了してやまない理由には、「丁寧なものづくり」があげられます。熊野筆を作る工程のほとんどは、熟練の職人による手作業です。「選毛」と呼ばれる、筆に使う毛を選ぶ工程から始まり、毛を揃える作業や毛の長さを合わせる作業など、何十にもおよぶ工程を経て作られています。職人のこだわりが詰まった熊野筆は「一度使ったらもう他の筆は使えない」と言われるほどの品質の高さを誇ります。

化粧筆なら熊野筆!おすすめのメーカー6選

2011年、なでしこジャパンへの国民栄誉賞記念品として取り上げられ、国内での知名度が一気に上がった熊野筆の化粧筆。美容愛好者やプロのメイクアップアーティストに愛用している人が多いことでも知られています。そんな熊野筆をつくるメーカーにはどんなところがあるのかみてみましょう。

文宏堂

明治40年(1907年)創業。
文宏堂の化粧筆は、毛先のある毛のみを厳選。毛先をカットして揃えてしまえば、手間が省け安価に提供できるのですが、肌に当てた時にチクっとした刺激を与えます。毛先のある毛のみで作られた化粧筆は、手間がかかっている分、格別の肌触りを実感することができるはずです。

文宏堂 熊野筆化粧筆アーティストシリーズ(ショート軸)基本4本セット(ポーチ付き)

価格:12650円

丹精堂

創業80年を超える老舗。丹精堂のすべての化粧筆の軸には”MADE IN JAPAN”の文字が刻まれています。パーツは海外で作って組立ては日本でというメーカーが多い中、丹精堂は全て日本製。”MADE IN JAPAN”の刻印は丹精堂の誇りと自信の現れなのですね。
特に優れた広島の特産品として、「ザ・広島ブランド」匠の銘品に認定されるなど、長年高いクオリティを求め続けてきたことを感じます。

【ふるさと納税】丹精堂 熊野化粧筆 アイシャドウブラシ4本セット

価格:40000円

竹田ブラシ製作所

1947年(昭和22年)の創業以来、歌舞伎・演劇等の日本化粧刷毛類から、欧米のメイクアップブラシ類まで、800アイテム以上を生み出しています。伝統の日本化粧の刷毛類の製造技法を守りながらも、機能にすぐれ、ファッション性も兼ね備えた「新しさ」も求める、向上心の高いメーカーです。
ちなみに、なでしこジャパンに贈られた熊野筆の化粧筆は竹田ブラシ製作所のもの。

送料無料|Takeda Brush熊野筆 スターターセット ブラシケース付

価格:33550円

竹宝堂

1971年設立。筆司の卓越した技、熟練の職人たちの丹精込めた筆作りにほれ込んだ世界の一流ブランド、メイクアップアーティストも多く、竹宝堂にはオリジナル化粧筆の製作依頼がたびたび入ってくるのだそう。国内はもとより、世界中から最高級品として評価されていることが窺(うかが)えます。

竹宝堂 熊野筆 アーティスト ショート Cセット4本S-13

価格:16500円

白鳳堂

1974年創業。「日本ものづくり大賞」を受賞したことがあり、ものづくりに対するこだわりが評価されています。白鳳堂の化粧筆は毛先を活かし穂の表面全体を立体的に揃えているのが特徴。肌の上から毛先が離れることなく、使う人の思い通りに筆を滑らせることができるような設計になっています。

【ふるさと納税】白鳳堂 化粧筆3本セット メイクブラシ

価格:40000円

晃祐堂

晃祐堂には、2名の伝統工芸士が在籍しています。伝統工芸士とは、筆づくり経験が12年以上で、優れた技術と経験を持つ職人の中でも筆づくりの名人として認められた人でなければなることができません。
また、晃祐堂では機能性だけでなく、毎日のメイクタイムをハッピーにしてくれるような可愛らしい形をした商品もたくさんあります。母の日や卒業祝いなど、お祝い行事やイベントのプレゼントに選べば喜んでもらえるのではないでしょうか。

コスメ堂x晃祐堂 熊野筆 メイクブラシセット 5本 ケース付き

価格:18700円

毎日のお化粧時間を幸福に

この記事では、熊野筆について紹介しました。日本の伝統的な技術と選び抜かれた素材を使い、職人が丹精込めて作った熊野筆を、ぜひ一度使ってみてください。いつもとは一味違うメイクの楽しさを味わえるはずです。お化粧の時間がより満足度の高いものになれば、人生の質も上がるのではないでしょうか。

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しています。

エクセンス編集部
EXSENSES公式ライター

Instagramでは、記事で紹介しきれなかった写真や動画のほか、オリジナルコンテンツも配信中。あわせてチェックしてみてください。

Instagram : https://www.instagram.com/exsenses_official

また、LINE友達になると新着記事を見逃すことがありません。LINE友達はプレゼントキャンペーンの当選確率がアップなど、特典も!

友達追加はこちら:https://lin.ee/uXeExUa