1

東京都の伝統工芸「江戸切子」の魅力のすべて

伝統工芸品の中でも、馴染みのあるデザインの「江戸切子」。特殊な技法から生み出される独特な文様が印象的です。一度手に取れば、その美しさと精巧さに、誰もが魅了されるでしょう。大人だからこそ似合う「江戸切子」を楽しみませんか。

見事なカットデザインの江戸切子、東京伝統工芸としてのあゆみ

協力:江戸切子協同組合

江戸切子は、1834年に金剛砂を利用し、ガラスの表面に彫刻したのがはじめであると伝えられています。明治時代には、切子カットの指導者として英国人を招き、江戸切子の伝統的ガラス工芸の技法が確立。大正時代には、カットグラス素材の研究やクリスタルグラスの研磨の技法の開発が進み、江戸切子の品質がますます向上していきました。

協力:江戸切子協同組合

昭和になると東京都の伝統工芸品産業として認められました。選考基準は、製造工芸のほとんどが手工業的であること、伝統的な技術や技法で製造されていること、伝統のある原材料により製造されていること、都内において製造に携わっている者の人数が一定数あること。これらを見事にクリアしたのです。平成に入ると、経済産業大臣指定の国の伝統的工芸品にも指定されました。

魅力的!江戸切子の素材と代表的な文様

協力:江戸切子協同組合

江戸切子の素材は、大きく分けて2種類。クリスタルガラスとソーダガラスです。クリスタルガラスは、やわらかい材質でカットしやすいためよく使われます。高価なイメージと、透き通るような輝き、手に持ったときの重みが特長です。 ソーダガラスは、コップやジョッキなどに使われる一般的な素材で、軽い材質ですが硬くて耐久性に優れています。食器として使うのに向いています。

協力:江戸切子協同組合

江戸切子の代表的な文様といえば「魚子(ななこ)」。まるで魚の卵のように見えることから名がつきました。斜めの線がたくさん入り交差することで細かな四角形が均一に並んでいるのが特長です。 植物をもモチーフにした「菊繋ぎ」や「麻の葉」は、細かい交差の連続した文様が菊の花や麻の葉に見えることからそう呼ばれています。

協力:江戸切子協同組合

色がきれいな江戸切子はどうやって作られるのか

協力:江戸切子協同組合

江戸切子製作の工程は、割り付け・カット・磨きに分けられます。「割り付け」というのは、下書きのこと。文様をきれいに掘るために、格子状の基準線をガラスに描いていきます。「カット」は、粗摺り・三番・石掛けの3工程です。大きな文様を削っていくのが「粗摺り」。次の「三番」という工程では、細かい歯を使って細やかな文様を削っていきます。「石掛け」では、回転する砥石を使って表面を滑らかに仕上げます。仕上げの「磨き」では、主に専門工房に依頼する薬品による酸磨きと、桐や樹脂のホイールに替えて研磨剤で研磨する手磨きの2つを駆使して、美しく輝くように磨き上げます。

協力:江戸切子協同組合

江戸切子に色を付ける工程は「色被せ(いろきせ)」と呼ばれています。無色透明なガラスに、薄く色づいたガラスをかぶせていく技法です。現在よく使われる色は、瑠璃色と銅赤色の2色です。

みんなに喜ばれる江戸切子!さまざまなシーンで重宝します

協力:江戸切子協同組合

江戸切子は、お祝いやイベントなどでの贈り物にも最適です。美しく高級感がありますが、伝統工芸品の中でも使い勝手がよく、生活になじむので、喜ばれることでしょう。 手に入りやすい一方で上品さも備えているため、接待時の贈り物としてもちょうどよく、ビジネスシーンでも使われています。

江戸切子のデザインからは優美な日本らしさが感じられ、外国の方にも好まれます。日本のお土産として贈れば、きっと喜んでいただけるでしょう。

江戸切子を手に入れて、その魅力を堪能しよう

江戸切子の魅力は、目で見るだけでは味わい尽せない、奥深いもの。一度手に取って触れてみれば、その美しさをより一層実感できます。生産者が追求を重ねて作り上げた美しさを、ぜひじっくりと味わってみてください。

1