2

高知県・知っちゅう?
馬路村の香り豊かな「ゆず」エリア!

高知・馬路村(うまじむら)の特産品として育てられているゆず。収穫の時期になると、村中にゆずの香りが広がります。馬路村は「ゆずの村」として全国で知られており、多くの住民がゆずの栽培に力を注いでいます。爽やかな香りと強い酸味、甘みが魅力の、馬路村自慢のゆずをご紹介します。

ゆずのふる里!高知県・馬路村とは

馬路村は、豊かな自然に囲まれた「ゆずの村」。馬路村のゆずは、化学肥料や農薬、除草剤を使用せずに栽培され、皮や果汁まで安心してまるごといただくことができます。馬路村のゆず製品が作られているのは農協の「ゆずの森加工場」です。実は、工場のロビーには馬路村銘木の「魚梁瀬(やなせ)杉」が使われているので、ゆずの森加工場に足を運ぶだけで馬路村の名産を二つ味わうことができます。

毎年、ゆずの収穫時期になると「ゆずはじまる祭」が開催され、県内外からたくさんの人が訪れます。その日はゆず三昧。ゆず収穫の安全を祈願するために行われ、ゆずにちなんだステージや出店イベントを楽しめる内容です。

馬路村産「ゆず」のあゆみ

馬路村のゆず栽培は、林業が衰退し始めた昭和38年頃から本格的に始まりました。馬路村は山間に位置し山中ということもあり、ほとんど手を付けずそのまま放置されていたといわれています。栽培を始めた当初は見た目の形や色のこだわりはありませんでした。

今では、ゆずの年間の生産量は800トンにもおよびます。収穫の時期になると、ゆず農家は自然のままのびのびと育ったゆずの果汁を絞り集めた「ゆのす(果汁)」や「ゆず酢」の製造に大忙しです。

馬路村の馬路温泉

「馬路温泉」は、清流・安田川沿いに湧く温泉で良質な泉質です。ナトリウム・炭酸水素塩・塩化物泉で、肌に優しく、スベスベになると評判です。冬至の時期の「ユズ風呂」の他、毎年恒例の「バラ風呂」が開催され、浴槽いっぱいのバラの花に囲まれ、優雅な気分でバラの甘い香りを楽しむことができます。

心温まるおもてなしが自慢の施設内では、馬路村の名物料理を味わえます。ゆず酢が効いたお寿司や、ゆずのさっぱり感を活かしたゼリーは、馬路村ならではのメニュー。山里で採れた山菜や川魚などを取り入れた四季折々の料理が満載です。

馬路村のゆずはこんなところにも

「森林鉄道」もゆずと関わりの深い場所です。馬路地区から車で30分の場所に位置し、高知・東部の中芸地域にある魚梁瀬地区を走り抜けます。中芸地域は、高知の中でも特にゆず栽培が盛んな地域で、いまや日本一の生産量。かつて木材を運んでいた軌道も、今ではゆず畑が広がる「ゆずロード」となりました。

ゆずの広がる景色を、森林鉄道で楽しみましょう。ゆず畑では、初夏には白い花、秋には熟した果実の黄色と香りが一面に広がり、私たちを楽しませてくれます。森林鉄道では、文化庁認定の日本遺産「野村式機関車」が動態展示されており、乗車だけではなく、運転体験も可能です。

高知県・馬路村のゆずを体感する

高知・馬路村にはゆずを体感できる場所がいっぱい。ゆずと一緒にのんびりとした気分でいられる場所です。気に入ったら、馬路村の観光案内所「まかいちょって家」で特別村民の登録を。馬路村の応援団員になれます。ぜひゆずを体感してみてください。

2