1

新鮮な味わいを食卓で!
ポルトガルからやってきたイワシのオリーブオイル漬け

「世界一缶詰を愛する国」といわれているポルトガル。街中には、数多くの缶詰専門店や缶詰バルが点在しています。ポルトガル発のフードブランド「FORMOSA GOURMET (フォルモサグルメ)」では、大西洋で水揚げされたばかりの新鮮な魚を、職人の手で一つずつ缶詰へと加工しています。思わずパケ買いしてしまいそうなおしゃれなデザインも◎。ちょっとしたギフトにもおすすめです。

添加物不使用!素材の香りと味を閉じ込めた缶詰を食卓に

「イワシのオリーブオイル漬け」は、大西洋で水揚げされた新鮮なイワシだけを使用し、冷凍せずにそのまま良質なオリーブオイルに漬け込んでいるのが特徴です。
原料はイワシ、オリーブオイル、塩のみで添加物は一切使用していないというシンプルなつくり。新鮮で臭みのない上品な風味が楽しめるのでそのまま食べるのはもちろん、さまざまなアレンジができるのもうれしいポイントです。

バリエーション豊かで迷っちゃう!おすすめアレンジもご紹介

オリーブオイル漬けはバリエーション豊富で、イワシのほか、サバ、カツオを漬けた缶詰があり、レモンや島唐辛子などさまざまな味のタイプも楽しめます。ポルトガル産の原料を使用しているので、調味料もポルトガル産の原料を使用しているので、魚との相性も抜群。魚の美味しさが際立ちます。

オリーブオイル漬けにレモンスライスを加えて爽やかに仕上げたレモン味は、野菜との相性がぴったり!キャベツの千切りと和えるだけでおしゃれなサラダに、タコスやサンドウィッチの具材としてもおすすめです。

島唐辛子をプラスしたチリ味は、ピリッとした辛みが日本酒や焼酎にも合うと人気の一品。クラッカーに乗せればおもてなしのオードブルに、ニンニクと合わせるだけで簡単にパスタへと変身します。

トマト煮には、ポルトガル南部の強い日差しを浴びた新鮮なトマトを使用。トマトソースと同じように料理に使うのに最適です。チーズをかけてオーブン焼きに、オムレツに添えれば栄養満点の朝ごはんにも。

缶詰は栄養豊富!毎日の食事に魚を取り入れよう

調理のハードルが高くてなかなか摂れない魚を手軽に食べられるのも、缶詰の魅力のひとつ。イワシやサバに豊富に含まれる、血液をサラサラにするEPAや脳の働きを高めるDHA、オリーブオイルからはダイエットや美容にも良いビタミンEを摂ることもできます。栄養素を美味しく摂取できるのはうれしいですね。

世界一缶詰が好きな国!缶詰作りは手作業で

日本では、缶詰は保存食や家庭料理に使う食材として昔から親しまれていますが、ポルトガルの首都リスボンでは缶詰バーや、壁一面に300種以上がずらりと並んだ魚の缶詰専門店が点在しています。
ポルトガルは「世界一缶詰が好きな国」といわれるほどで、その色鮮やかでおしゃれなパッケージは、お土産としても人気があるそう。

魚の中でもイワシはポルトガルで最もポピュラーで、毎日の食卓に欠かせない食材。リスボンでは、イワシ漁が解禁される毎年6月にイワシ祭りが行われ、祭りの日には日本と同じように炭火焼きにして楽しまれています。
「FORMOSA GOURMET」の缶詰も、イワシをはじめとする魚の加工はすべて職人による手作業。缶詰には魚への愛情も込められています。

どこか懐かしい?ポルトガルから伝わった食文化

初めて日本にやって来たヨーロッパ人は、ポルトガル人。戦国時代から500年以上続く交流のなかで、キャラメルやカステラ、天ぷらなど数えきれないほどの食文化も伝えられてきました。

また、ポルトガルはヨーロッパで最もお米を消費する国。大西洋で獲れる魚介類も豊富で、日本人の口に良く合うグルメが多いともいわれています。魚の出汁を感じるシンプルな味付けの料理が多いことも、なじみ深い味わいの理由かもしれません。

缶詰を利用したレシピで、ポルトガルの自然の恵みを自宅で味わってみてはいかがでしょう?

1