12

大パノラマで魅せる
北海道らしい紅葉の名所6選とおすすめ宿

道央・大雪山系は、国内で最も早く紅葉が楽しめるエリアといわれています。今回はその道央エリアを中心に、北海道らしい雄大で幻想的な紅葉の名所を6つ厳選。紅葉の名所周辺にあるおすすめの宿とともにご紹介します。

登山家に大人気の紅葉スポット

「赤岳(銀泉台)」

写真提供:公益社団法人北海道観光振興機構

標高2,078.5mの赤岳の登山口となるのが銀泉台です。銀泉台までは車でアクセスができます。銀泉台から赤岳山頂までは約3時間の登山。途中、第一花園、第二花園、駒草平などの休憩スポットがあり、針葉樹の緑をアクセントカラーにした美しい紅葉・黄葉の風景を鑑賞できます。赤岳(銀泉台)の紅葉時期はマイカー規制があり、シャトルバスを利用してのアクセスとなりますので注意が必要です。
2022年のマイカー規制は下記の通りです。
2022年9月17日(土曜日)から2022年10月2日(日曜日)

基本情報
例年の紅葉見頃:9月中旬
01658-2-4058(上川町産業経済課商工観光グループ)

周辺宿:層雲閣Mountain Resort 1923

2022年5月にリニューアルしたばかりの層雲閣Mountain Resort1923は、赤岳(銀泉台)から車で約1時間の秘境・層雲峡温泉にあります。総湧出量毎分800リットルと、層雲峡一の豊富な湯量を誇る温泉が自慢。「渓谷露天風呂」と名付けられた温泉はホテルの5階に位置し、渓谷の紅葉を眺めつつ入浴できるのが醍醐味のひとつです。

層雲閣 Mountain Resort 1923
01658-5-3111
アクセス:旭川空港から車で約90分

※お出掛けの際には、必ず最新情報を施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、施設にお問い合わせください。

ロープウェイ+ゴンドラ・リフトで圧巻のパノラマビュー

大雪山(黒岳)

写真提供:公益社団法人北海道観光振興機構

夏でも残雪があるといわれる標高1,984mの大雪山(黒岳)。山の7合目まではロープウェイとゴンドラ・リフトを使って気軽に行くことができるのが魅力のひとつです。山頂が近づくにつれて広がっていく渓谷の大パノラマは息をのむほどの美しさです。ナナカマドやカエデの紅葉を例年9月中旬から一ヶ月ほどかけて満喫できます。

基本情報
例年の紅葉見頃:9月中旬~10月中旬
01658-2-4058(上川町産業経済課商工観光グループ)

周辺宿:ホテル大雪 ONSEN & CANYON RESORT

黒岳周辺に滞在して紅葉を満喫するなら、大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイから車で約17分の「ホテル大雪 ONSEN & CANYON RESORT」がおすすめ。5つある浴場のうち 2つは大雪山の風景を眺めながら入浴できる露天風呂で、まさに山岳リゾートを楽しむために造られたホテルです。1日4組までの限定ですが、貸切で露天風呂の利用も可能。雄大な渓谷と紅葉の景色を独占しつつのんびりした時間が過ごせます。

ホテル大雪 ONSEN & CANYON RESORT
06158-5-3211
アクセス:旭川空港から車で約45分

※お出掛けの際には、必ず最新情報を施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、施設にお問い合わせください。

展望台まで車で行ける気軽さが魅力

十勝岳温泉郷

十勝岳温泉郷は、車で展望台に到着できる紅葉の名所です。シャトルバスに乗り換えたり、トレッキングをしたりなどの煩わしさがないのが魅力のひとつ。好みの音楽をかけながらドライブをしつつ、車窓から色づいた山の紅葉を楽しむことができます。

基本情報
例年の紅葉見頃:9月下旬
0167-45-3150(かみふらの十勝岳観光協会)

周辺宿:星野リゾート トマム ザ・タワー

星野リゾート トマム ザ・タワーは、約1000ヘクタールの広大な敷地内にあるホテルです。新千歳空港から約100分、札幌から約120分で到着できるのは魅力的。十勝岳温泉郷だけではなく、近年話題の白金青い池、旭川近郊や層雲峡へのアクセスもしやすい位置にあるだけに、広範囲で北海道の紅葉狩りを楽しみたい人におすすめのホテルです。

星野リゾート トマムザ・タワー
0167-57-2048
アクセス:札幌から車で約2時間

※お出掛けの際には、必ず最新情報を施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、施設にお問い合わせください。

湖面の風景はまさに錦絵

鏡沼

写真提供:公益社団法人北海道観光振興機構

鏡沼はニセコアンヌプリの中腹にあり、徒歩でしか行くことができません。鏡沼までは片道約40分の道のり。苦労して到着した者だけが見ることができる湖面の紅葉は、まるで錦絵のような美しさです。見る角度によってニセコアンヌプリの山が湖面に映りますので、立ち位置を変えながらぜひ自分だけのベストアングルで紅葉を楽しみましょう。

基本情報
例年の紅葉見頃:9月下旬~10月中旬
0136-23-3388(倶知安町観光商工課)

周辺宿:月美の宿 紅葉音

鏡池からのアクセスもしやすいニセコ湯元温泉郷にある「月美の宿 紅葉音」は、総客室12の温泉宿。滞在するなら、特別展望風呂付客室がおすすめです。誰にも邪魔されずに好きな時間に好きなだけ温泉を楽しみながら、ニセコの紅葉を眺めることができます。日頃頑張っている自分へのご褒美に、ぜいたくな時間を過ごされてはいかがでしょう。

月美の宿 紅葉音
0136-59-2881
アクセス:最寄り駅・ニセコより車で20分、札幌より車で約2時間

※お出掛けの際には、必ず最新情報を施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、施設にお問い合わせください。

全方位から紅葉が楽しめる名所

イワオヌプリ

写真提供:公益社団法人北海道観光振興機構

イワオヌプリはニセコ連峰東山系にある標高1,116 mの山です。向かいにはニセコアンヌプリがあるため、360度どの方向からも紅葉を鑑賞できるのが特長になっています。イワオヌプリの山頂までは登山口より片道約70分のため、子ども連れのファミリー層からでも紅葉を楽しめる名所です。

基本情報
例年の紅葉見頃:10月上旬~10月中旬
0136-23-3388(倶知安町役場 観光商工課観光係)

周辺宿:ニセコ昆布温泉鶴雅別荘 杢の抄

ニセコのチセヌプリそばにあるニセコ昆布温泉鶴雅別荘 杢の抄は、総客室24の高級温泉宿。温泉展望風呂付きの客室を完備しており、プライバシー重視のなか紅葉と温泉が楽しめます。北海道の大自然のなか、優雅なひとときを過ごせるおすすめの宿です。

ニセコ昆布温泉鶴雅別荘 杢の抄
0136-59-2323
※お出掛けの際には、必ず最新情報を施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、施設にお問い合わせください。

気軽に壮大な渓谷美と紅葉が楽しめるスポット

大函

写真提供:公益社団法人北海道観光振興機構

大函は、層雲峡の中でも壮大な渓谷美が楽しめる観光スポットのひとつです。柱状節理と呼ばれる高さ約200mの断崖を下からあおるようなアングルで撮影ができるため、迫力ある記念写真が残せます。大函までは層雲峡温泉街から車で約10分。徒歩1分のところには駐車場も完備していますので、軽装で紅葉と渓谷美が楽しめる名所です。

基本情報
例年の紅葉見頃:9月下旬~10月上旬
01658-2-4058(上川町産業経済課商工観光グループ)

周辺宿:層雲峡 朝陽亭

層雲峡の絶景と湯浴みが同時に楽しめる層雲峡朝陽亭。ホテル最上階にある露天風呂はもちろん、幅40mのガラスパネルのある内湯からも層雲峡の風景を堪能できます。ぜひ、紅葉時の赤や黄色をまとった層雲峡の絶景を温泉につかりながら眺めてみてはいかがでしょう。

層雲峡 朝陽亭
0570-026-572
アクセス:旭川空港から車で約1時間15分

※お出掛けの際には、必ず最新情報を施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、施設にお問い合わせください。

今年は北海道で秋を先取り

今回は道央の紅葉名所とその周辺でおすすめの宿を紹介しました。どの名所も日帰りで紅葉を楽しめますが、ご紹介した周辺の宿に滞在することで、より満喫できるでしょう。ぜひ、今年は一足先に北海道で秋の移り変わりを楽しんでみませんか?

12