18

“あなたの食卓に最高のお魚を”
沖縄県名護市のお魚百貨店「津波鮮魚店」

写真提供:『津波鮮魚店』

2021年7月にオープンした沖縄県名護市にあるお魚専門店「津波鮮魚店」。沖縄県の北部では珍しい内地から仕入れる新鮮な魚を味わえるお店です。コンセプトは“あなたの食卓に最高のお魚を”。旬の魚を全国各地より仕入れています。その新鮮な魚を使った、刺身・惣菜・海鮮丼・天ぷらなどが大好評。今回は「津波鮮魚店」の沖縄ならではの特徴と魚へのこだわりをご紹介します。

沖縄県のお魚専門店?

写真提供:『津波鮮魚店』

沖縄では鮮魚店というより刺身屋が数多く点在しています。しかし、ほとんどのお店が「イマイユ(※1)」というその日に獲れた地魚を提供することが多いといいます。白身魚はカラフルなものなど種類は豊富ですが、どれも同じような味で淡泊な魚が多いことも特徴のひとつです。

そんな沖縄県名護市に、お魚専門店として誕生したのが「津波鮮魚店」。魚の種類も多く丁寧につくられたメニューはどれも美味しくて魅力的。営業時間内に行っても売り切れていることもある、今もっとも注目度の高いお店といえるでしょう。

※1「イマイユ」とは、沖縄の言葉で「新鮮な魚」の意味。

名護市唯一の内地の魚を仕入れる専門店

写真提供:『津波鮮魚店』

沖縄の北部に位置する名護市では、本土の魚を取り扱っている鮮魚店はありませんでした。そこで、オーナーの高良さんは、本土の魚を楽しんでもらいたいとの思いを込めて「津波鮮魚店」をオープンしました。そして、さまざまな経験を活かし独自のルートで内地の魚を仕入れています。

仕入れている魚と産地をいくつかご紹介しましょう。

■ 北海道 生サンマ、白子
■ 宮城県 生ホタテ
■ 千葉県銚子 金目鯛
■ 東京都築地 ブランド干物
■ 広島県安芸津 真牡蠣
■ 熊本県 上赤身馬刺し
■ 熊本県天草 ギンガメアジ
■ 長崎県対馬 スマガツオ

などなど、紹介しきれないほどの新鮮な魚が毎日届けられ、リピーターも急増しており品切れ必須の魚まであるようです。

魚の鮮度にも種類の豊富さにも驚きます。実際にお店に行って目でも味わってほしい、そんなメニューが揃っています。

「津波鮮魚店」のコンセプトとは?

魚は日本人の食文化です。高良さんは、「魚離れにより食文化が壊れてきていることを感じている」と話します。今一度、魚を食卓に取り戻すために、美味しい魚にこだわり、鮮度・調理法などを工夫して“命薬(ぬちぐすい)”をお客様に届けたいと考えています。

お店のこだわりは、メニューだけではなく店舗の見た目にも反映されています。

写真提供:『津波鮮魚店』
写真提供:『津波鮮魚店』

お客様に提供する商品を低価格に抑えるため、内外装工事も出来ることは自分でするという信念で建てられました。そして、お店の雰囲気も味わってもらえるように看板や照明にも工夫が成されています。

ついに沖縄へOPEN!それまでの道のり

高良さんは沖縄県出身。山梨県で沖縄料理店や古民家を利用した飲食店を経営。
2019年に故郷沖縄へ戻り居酒屋をプロデュース。
自身のお店をオープンさせるため物件を探してる最中コロナ禍もあり飲食店の出店が難しくなりテイクアウト業態に変更。現在の鮮魚店のオープンに至りました。

「沖縄にない鮮魚店を作りたい! その思いから立地や客層などをリサーチし、とにかく外観・内装にもこだわりました。お店を作り上げる瞬間がとにかく好きです」と高良さん。

コロナ禍の影響は、なかったとはいえません。しかし、魚や惣菜がメインのテイクアウト業態にしたことは、逆にお客様に喜ばれています。家庭で贅沢できるように、居酒屋へ行くことができない状況でも「食の醍醐味」を感じてもらえるような素敵なアイデアが見受けられます。

写真提供:『津波鮮魚店』

SDGsを視野に入れた取り組みが話題に

津波鮮魚店では、SDGsの取り組みも積極的に行っています。海洋ゴミ問題に貢献できるバイオマス配合のレジ袋を採用しています。このレジ袋を購入することで、売り上げの一部が長崎県対馬市へ寄付される仕組みです。

長崎県対馬市は海洋ゴミが多く漂着しており、「海洋ゴミ防波堤」といわれるほど。長崎からも美味しい魚を仕入れているため、この活動に着手しました。今では、袋のデザインのおしゃれさも人気を集めています。

本格的なコーヒーも飲める

新形態でさまざまなスタイルを取り入れる津波鮮魚店。実は、魚だけではありません。本格的なマシンで淹れたコーヒーも販売しています。

高良さんは、「わざわざ『津波鮮魚店』に来てくださる。そんなお客様への感謝の気持ちから、コンビニや自動販売機でコーヒーを買う手間を省きたいと思い、マシンを設置しました」と、コーヒーを提供することになった経緯を教えてくれました。今では、コーヒーだけを買いに来る常連さんもいるといいます。

ここにも、高良さんのこだわりとお客様への思いを感じられます。沖縄に遊びに行ったら、ぜひ「津波鮮魚店」で、本格的な魚とコーヒーを味わってみてはいかがでしょうか。

写真提供:『津波鮮魚店』
津波鮮魚店(ツハセンギョテン)
0980-54-1857
11:00〜19:00(売切れ次第閉店)
日曜日
※ご予約・お問い合わせは、お電話にてお願いいたします。
18
西嶋 治美
EXSENSES公式ライター

山梨県出身。趣味は読書と舞台・ミュージカル・スポーツ鑑賞。休日はカフェを訪れることが生きがいのフリーライター。