1

酔わされたい!日本酒の産地・山口のお酒文化

山口は、知る人ぞ知る日本酒の産地。歴史を感じる酒造も多く、本格的な日本酒を味わえる魅力的な場所です。「気持ちよく酔わされたい」そんな気分をそのままに、山口の魅力を日本酒の話題を中心にナビゲートします。

日本でも有名な日本酒の産地・山口の特徴

山口県は、本州の最西端に位置する温暖で住みやすい地域です。瀬戸内側・日本海側・山間部の3つに分かれ、それぞれに気候風土の差があります。比較的、災害が少ないのも特徴です。

1970年頃までの山口県の日本酒は、他の酒どころと比較してもブランドとして力が弱い印象でした。しかし2000年代に入り、山口県内の産業センターや研究所が研修を重ねた技術やノウハウを伝達。日本酒製造業界に純米吟醸酒などの高付加価値品の生産が広がり始めました。また若手の蔵元や後継者の登場も大きかったといわれています。

地酒自慢!すっきり味わえる山口の日本酒

近年の山口の日本酒事業は、地酒のイベントを開催するなど、PR活動にも精力的です。例えば家で楽しめるようにと、出来のいいしぼりたての新酒をプレゼントする企画なども行い、山口のお酒を県外にも広めるための様々な施策に取り組んでいます。

山口には伝統的な酒造があります。日本でも有名な「獺祭」は、スパークリングタイプもあり、フランスに進出するなど、世界からも注目される存在です。岩国の清酒「五橋」も米と麹だけで造られたお酒で、まろやかな飲み口で人気があります。

山口の日本酒の美味しい飲み方

山口の日本酒で特におすすめなのが贅沢な作り方をしている「吟醸酒」です。山口の吟醸酒は約50%から60%以下の精米符号。玄米の状態から約半分の状態になるまで精米され、普通より低い温度で長時間じっくりと発酵することで出るフルーティーで華やかな香りが魅力的です。またその他にも米本来の味わいが魅力の「純米酒」、ドライな味わいの「本醸造酒」などがおすすめです。

山口ならではの日本酒の美味しい飲み方ですが、気分に合わせて飲んでみましょう。爽やかな「のどごしタイプ」、味わいのある「ぐるめタイプ」、まろやかさが残る「いやしタイプ」があります。

日本酒の産地・山口の日本酒はコスメになる

ところで、杜氏の仕事は水仕事も多く、とても過酷な環境なのですが、彼らの手肌を見ると 透き通って輝いている方が多いのです。その理由は、酒造りの工程でつくられる麹から生じる成分の中に、数多くの「美肌のもと」が含まれているから。日本酒と肌の間に密接な関係があることは、昔から伝わる美肌の知恵。酒粕由来の成分が肌の状態を整え、透明感のある美しい肌へと導く効果が期待されています。

日本酒の産地・山口の魅力に酔いしれよう

バリエーションが豊富な山口の日本酒。日本酒好きならぜひ訪れてみたい、山口。まずは自分のお気に入りの銘柄を見つけてから、少しずつ幅を広げていくのもいいでしょう。日本酒に酔いしれ、日本酒美容も活用してみませんか。

1