2

美しい水の名所!熊本県・菊池市の魅力をご紹介

熊本県・菊池市は、阿蘇山に近い場所にあり、名水百選にも選ばれるほど水がきれいなことでも有名です。ほかにも、温泉、豊富な観光スポット、菊池一族の歴史など、魅力がいっぱい。この記事では、そんな菊池市の魅力を多方面からご紹介していきます。

菊池市とはどんなところ?名所は?

熊本県菊池市への交通アクセス
写真提供:菊池観光協会

菊池市は、熊本県の北部に位置しています。福岡県にも近く、大分県にも面しています。福岡県から車で行く場合は、九州自動車道を通り、植木I.Cで降ります。所要時間は1時間40分程度です。JR熊本駅からは、車で60分程度。阿蘇くまもと空港からは、車で30分程度です。

木立の中の宿 清流荘
「木立の中の宿 清流荘」写真提供:菊池観光協会

菊池市は、阿蘇山にも近く、水がきれいなことと、温泉が多いことでも有名。菊池市の温泉は「美肌の湯」「化粧の湯」とも呼ばれていて、ファンも多く、温泉旅館も市内に数多くあります。

菊池神社
写真提供:熊本県

室町時代に活躍した菊池一族の歴史も、菊池市の魅力の1つ。菊池一族が祀られている菊池神社は、ぜひ訪れていただきたいスポットです。

菊池市は九州で唯一井手下りができる場所!名水百選にも選定

イデベンチャー
写真提供:菊池観光協会

菊池市で近年話題になっているのが、農業用水路をカヤックで下る井手下り「イデベンチャー」です。毎年7月~9月の土日祝祭日を基本に実施されていて(※ 2021年は開催いたしません)、菊池市の美しい水と大自然を体感することができます。用水路トンネルを通ることができるコースもあり、スリル満点。水の流れに身をまかせて、非日常を楽しんでみませんか。

菊池渓谷
写真提供:菊池観光協会

菊池市の名水スポットといえば、菊池渓谷も欠かせません。阿蘇外輪山から湧きだした伏流水の美しさは、日本名水百選にも選ばれるほど。春夏などの暖かい季節はもちろん、秋は紅葉、冬には樹氷を楽しむことができます。

菊池市の名水をご紹介

熊本県菊池市

雄大な阿蘇山が育んだ天然水の宝庫である熊本県の北部を流れる菊池川。その水源である菊池水源は、「東の奥入瀬、西の菊池水源」とも称され、手付かずの自然によって生み出された最高の天然水として知られています。菊池水源の大部分は阿蘇外輪山からの伏流水であるため、不純物が非常に少なく、澄み切った水ならではの、さらりとした口当たりが特徴です。
また、菊池市の地下水には、ミネラル、特にシリカが豊富に含まれており、美容や健康に関心を持つ人々の間で話題になっています。シリカは、骨の成長維持やコラーゲンやエラスチンなどの繊維や組織を強力につなぎ合わせる働きがあると言われています。

菊池市の名水で育まれたお米をご紹介

熊本県菊池市

菊池市は、水、土壌、気候の三拍子揃った熊本県内有数の米どころです。豊富なミネラルと酸素を含む菊池川の恵みをうけた豊かな土壌、盆地特有の寒暖の差のある気候がおいしいお米を育ててくれます。

菊池米

清流のきれいな水を使って育てられた菊池川流域米は、江戸時代から旨いお米の代名詞と言われてきました。香り高く甘味と食感のある美味しいお米を一度試してみませんか。

菊池市の魅力を体感あれ

この記事では、熊本県・菊池市の魅力をご紹介しました。温泉や渓谷など、魅力いっぱいの菊池市に足を運んでみてはいかがでしょうか。また、ご紹介した水やお米は、ご自宅でもお取り寄せが可能です。ぜひ、菊池市の魅力に触れてみてください。

2