14

1億7500万年の時を経て形となった
自然の芸術「龍河洞」

高知市から車で約40分の場所にある、国の天然記念物および史跡に指定さている「龍河洞(りゅうがどう)」。石灰石が露出している、標高270mの三宝山(さんぽうざん)の山腹に、龍河洞があります。龍河洞は、昭和6年(1931年)に入洞が始まりました。多い時には年間100万人のお客様を記録した、高知県の有名観光スポットのひとつです。本記事では、龍河洞の歴史や楽しみ方、香美市(かみし)の自然を堪能できるおすすめの秘境などをご紹介していきます。

日本三大鍾乳洞「龍河洞」

岩手県の「龍泉洞」や山口県の「秋芳洞」と並ぶ、日本三大鍾乳洞のひとつである「龍河洞」。龍河洞は、山頂付近の盆地へ溜まっていた雨水が、1億7500万年の歳月をかけ作り出された鍾乳洞です。

石灰岩で形成されている鍾乳洞では、石柱や石筍が発達し神秘的な石の世界が広がっています。また、龍河洞の出口あたりには、弥生時代に使用されていたと思われる居住跡が残されており、歴史を身近に感じられる場所として知られています。

龍河洞|神の壺

こちらの「神の壺」では、約2000年前の弥生時代、洞窟で暮らしていた人が使っていたと言われている土器です。年月が経つことで土器が鍾乳石の一部となり、美しい形状のまま残っています。

プロジェクションマッピングで幻想的な龍河洞を

プロジェクションマッピング

龍河洞では、「心の深いところへ」をテーマに、2019年7月「新・龍河洞」として生まれ変わりました。鍾乳洞の中にある「しんどい坂」を進むと、一番広いスペースの「逢坂峠」へたどり着きます。逢坂峠を抜けると、待ちに待ったプロジェクションマッピングを楽しむことが可能です。

龍河洞では、鍾乳洞で日本初の大型プロジェクションマッピングを楽しむことができます。また、プロジェクションマッピングでは、時間や空間の旅を体感できる映像を投影しており、幻想的な神秘体験が可能です。自然に創られた鍾乳洞と、現在の最新技術の織りなす美しさを堪能できます。

龍河洞のアトラクションで冒険を!

龍河洞では、洞窟内を「観光コース」「冒険コース」「西本洞コース」の3つのコースから選択してお楽しみいただけます。また、季節折々に異なるシーズンストーリーも開催。

真っ暗な洞窟をハンドライト片手に冒険する「龍河洞ナイト」など、さまざまな楽しみ方もできます。夏は涼しく、冬は暖かい鍾乳洞で、忘れられない思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

1|観光コース

2018年11月より龍河洞では、より知識を深めてもらうために、予約制でガイドサービスをはじめました。鍾乳洞に生息している生物や植物、そして歴史や文化などをガイドと共にご案内いたします。

2|冒険コース

「冒険コース」はその名のとおり、インディージョンズのような冒険が好きな方にぴったりのコースです。冒険コースの開始前には、汚れても良い服装などに着替えます。

また龍河洞では、つなぎや長靴などをレンタルしています。そのため、手ぶらでも冒険コースを楽しむことが可能。ヘッドライドの明かりを頼りに洞内を探索し、木の梯子を登りロープを使い斜面を駆け上がるなど、本格的な冒険を体験できます!

3|西本洞コース

近年では、龍河洞の西側にある「西本洞・水の洞窟」が公開されています。龍河洞と同じ年月を重ねて形成された「西本洞」。ヘッドライトを頼りに、龍河洞を形成している水の流れを体感しつつ、自然さながらの洞窟を探検できるコースです。

秘境と癒しのスポットをご紹介

高知県香美市は山や川、滝などがある自然豊かな地域です。その中でも、秘境といわれる癒しスポットが、数多く存在しています。そこで、香美市の癒しおすすめスポットを、ご紹介していきましょう。

轟の滝

轟の滝 | 高知

青く輝く3段の滝壺「轟(とどろき)の滝」は、四季折々の自然の移り変わりを楽しめる景勝地として有名です。また「名勝・天然記念物」に指定されている轟の滝は、「日本の滝100選」のひとつに選ばれているなど、香美市のシンボルともいうべき滝です。

べふ峡

べふ峡|紅葉

物部川源流域にある渓谷「べふ峡」は、紅葉の名所として有名です。遊歩道を歩きながら、山一面に紅葉が染まっている景色は格別。また春は桜を堪能し、夏は川でキャンプなど、べふ峡はその季節でも楽しめる秘境です。

自然が創りだす芸術と癒しを体感しに行こう

龍河洞の自然が創りだした芸術を存分に堪能し、冒険ツアーでは、ワクワクすること間違いなしでしょう!そして自然が織りなす轟の滝では、四季折々の美しい景色と、マイナスイオンの効果を感じることで心身ともに癒されます。

今回ご紹介した「龍河洞」「轟の滝」「べふ峡」以外にも、香美市には多くの見どころがあります。この機会に、高知県香美市をぜひチェックしてみてください。

公益財団法人 龍河洞保存会
0887-53-2144
なし
※お出掛けの際には、必ず最新情報を各施設の公式ウェブサイトでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。

14
どいまちこ
EXSENSES公式ライター

高知県の古民家で保護猫2匹と暮らしているフリーライター