LomoApparat 旅のお供に連れて行きたい可愛いカメラ

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しています。

今やスマホのカメラは進化して 捉える風景を美しく切り取ってくれますが、フィルムカメラは情緒的で感情に強く訴えかけるような写真を作り出すところが魅力的ですよね。Lomographyから昨年デビューした、コンパクトで可愛いフィルムカメラLomoApparatのことはもう知ってますか?使うほどに愛着がわいて、あなたはきっとこの子を一緒に旅に連れ出したくなるはず。そんなLomoApparatについて詳しくご紹介します。

Lomographyとは

Lomography(ロモグラフィー)は、ヨーロッパのオーストリアに本社を持つカメラブランドです。常識にとらわれない精神でたくさんの実験的なカメラやフィルム、レンズ、アクセサリーを生み出し、世界中の何百万人もの愛好者(= ロモグラファー)とともに写真の楽しさを広めています。
Lomographyの直営店である「ギャラリーストア」、そしてロモグラファーのための大使館「エンバシーストア」は世界25以上の国と地域に存在し、アナログな写真カルチャーを発信しています。日本では東京の秋葉原に直営店 Lomography+を構え、アナログ愛好者の拠点となってきましたが、この春、神保町に移転。2023年5月現在はプレオープン中で、グランドオープンに向け店内一部改装中です。

Lomography+
※最新の情報は公式ウェブサイトでご確認ください。

LomoApparat

そのLomographyから2022年の秋に発表されたモデルがLomoApparat。
21mmの広角レンズ搭載の、35mmコンパクトフィルムカメラです。シャッタースピードと絞りは固定なので、初心者でも簡単に使えるのが特徴。フラッシュ内臓で、夜でも撮影を楽しむことができますよ。さらに、3種類のアタッチメントレンズが付属でついてくるので、クリエイティブでユニークな写真作りが叶う、なんともワクワクするカメラなんです。クラシカルな見た目で2つのモデルが展開されています。

Neubau Edition

イタリア製の本革を使用した特別エディションとなっています。価格は13,800円です。

商品ページ:https://shop.lomography.com/jp/lomoapparat-neubau-wide-angle-camera

Black Edition

オールブラックでシックなデザインになっています。価格は12,800円です。

商品ページ:https://shop.lomography.com/jp/lomoapparat-black-wide-angle-camera

アタッチメントレンズ

付属でついてくるアタッチメントレンズは、クローズアップレンズ、Splitzer、カレイドスコープレンズの3つです。クローズアップアタッチメントを付ければ被写体に20cmまで近寄って迫力のある写真を撮ることができます。Splitzerは、1コマの中に複数の画像を重ね写し込むことことができる多重露光で幻想的な写真に仕上げてくれます。カレイドスコープアタッチメントは、万華鏡エフェクトによりクリエイティブで独特な写真を作ります。

LomoApparatで撮影した写真

おすすめのフィルム

LomoApparatはシャッタースピードと絞りが固定のカメラなので、使用するフィルムはISO感度が400以上のものがおすすめです。

LomoChrome Metropolis

普段使いにはLomoChrome Metropolisを。抑え目の彩度と強いコントラストを実現するフィルムです。感度は400。価格は1本あたり1,780円。

商品ページ:https://shop.lomography.com/jp/2021-lomochrome-metropolis-35-mm-iso-100-400

Color Negative 35mm ISO 800

暗い場所での撮影にはColor Negative 35mm ISO 800を。夜や屋内の撮影でもフラッシュと併せればきれいな写真が撮れます。今では数少ない感度800のフィルムです。価格は3本セットで7,480円。

商品ページ:https://shop.lomography.com/jp/lomography-color-negative-35-mm-iso-800phy-color-negative-35-mm-iso-800

フィルムカメラの使い方

How To Load Your LomoApparat

まずはフィルムをセットしましょう。
裏ぶらを開けてフィルム室にフィルムを入れます。フィルムのベロ先を引っ張りカメラ右下にある黄色い部分まで伸ばしたら、裏ぶらを閉め、準備完了。巻き上げレバーを回して空シャッターを切り、フィルムカウンターが1になったら、いざ撮影!

撮り終わったら現像に出しましょう。
巻き戻しクランクを矢印の方向に回し、フィルムを巻き取ります。スッと軽くなったら巻き終わりの合図です。ここで重要なのは、フィルムを全て巻き終わるまで裏ぶたを絶対に開けないこと。強い光がフィルムに当たると、それまで撮影したものがダメになってしまいます。

LomoApparatであなただけの世界を創り出そう

旅に連れ出したくなるコンパクトフィルムカメラLomoApparatについてご紹介しました。ファインダー超しの世界や、フィルムを巻き上げる動作、現像を待つ時間も楽しいのがフィルムカメラ。デジタルでは味わえないワクワク感を、あなたの次の旅行で味わってみませんか。

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しています。