0

自然あふれる群馬県の川場村!
名水百選の水・お酒造り・麹を楽しむ

自然に囲まれた群馬県にある川場村。名水百選にも選ばれた、水が豊富でお酒造りが盛んな村です。川場村自慢のとっておきの麹は、美容と健康に役立つアイテムとして利用されています。そんな川場村の魅力をご紹介します。

群馬県川場村の特徴と自然

ググっとぐんま写真館』から転載

群馬県の北部にある川場村は、豊かな自然に恵まれ、活力ある村づくりに取り組んでいます。特に農産物のブランド化を進めており、その中でも日本百名山「武尊山(ほたかやま)」から流れ出す清流で作られた川場村産コシヒカリ「雪ほたか」は、コンクールでも高い評価を得ており、その米を活かしたお酒造りも盛んであることで知られています。

ググっとぐんま写真館』から転載

群馬・川場村には、村名の由来でもある薄根川など4本の一級河川が流れるなど自然も豊かで、かつ川場温泉などの5つの温泉があるなど、魅力的なスポットが多く存在します。また村では「農業プラス観光」が展開されており地域の魅力を積極的に発信することで、毎年たくさんの観光客を呼び込んでいます。

名水百選に選ばれた川場村・武尊山の水

ググっとぐんま写真館』から転載

群馬・川場村には、名水百選に選ばれた日本百名山である「武尊山」の伏流水が流れており、その水をお酒の仕込み水として利用しています。酒造りにおいて水はとても重要で、群馬県の水源は軟水が多く酒造りに適しているといわれています。

武尊山の恵みを糧にした地酒は、川場村の自然美を表現するお酒です。さわやかな風味やみずみずしい味わい、そして旨味を引き立てる酸味が特徴です。群馬を代表する地酒は、武尊山の天然に磨かれた水、澄み切った空気・気温など、川場村の自然に恵まれた美を表現できるお酒です。さっぱりとした口当たりの純米酒や、ほどよい香味とまろやかな味わいの本醸造酒などがあります。

お酒造りに欠かせない酒米

ググっとぐんま写真館』から転載

稲作が盛んな川場村のお米といえば「雪ほたか」が挙げられます。ミネラルたっぷりの「武尊山」から湧き出る天然水と、生産者の管理により大切に育てられた雪ほたかの存在は貴重とされ、もともとは一般には流通していない幻の米でしたが、近年では「全国米・食味分析鑑定コンクール」にて、金賞を連続受賞するなど、その美味しさと品質が高く評価されています。

川場村のお酒は、原材米として川場村の雪ほたかと五百万石をブレンド使用。丹精込めて育てられた酒米として使われ、お米の良さを引きだすことで感動する日本酒造りにつながります。

麹を使った美容と健康

整った設備と伝統的な技によって作られている川場村の麹は、みずみずしい肌へ導く効果が期待できることから、お酒のほかに化粧品にも使われています。麹菌や酵母菌に携わっている「杜氏の手は白い」という表現を聞いたことがあるでしょうか。麹を触った後は、手肌が守られたように水をはじき、手が白く美しかったことから上記のように言われたのです。

川場村には、日本酒を最大限に配合し、恵みをぎゅっと閉じ込めた化粧品があります。パラベン・鉱物油・着色料・香料など余分なものが含まれておらず、さっぱりとした使用感なのに、肌にスッとなじんで潤いのある肌へ導きます。

郡馬県川場村でたっぷりと自然を感じよう

里山と田園風景が広がる川場村。高原野菜や果物、稲作に適した涼しい気候で、農業が盛んです。自然の恵みから作られたお酒や化粧品は、生活を豊かにすること間違いなし。蔵元の数が多く、蔵元によってそれぞれの伝統があるので、その違いを比べてみてもいいでしょう。たっぷりと自然を感じてみてください。

0